運動時の栄養補給にオススメのバナナ

野球、サッカー、ゴルフ、テニス、マラソンなど、スポーツ選手は日々の食生活において、身体を作るために栄養バランスのとれた食事を実践し、その中には手軽に手に入りやすいバナナも含まれています。

バランスのとれた栄養を、いかに適切に補給するかによって、競技当日のパフォーマンスにも大きく影響を及ぼすことは広く知られていますが、バナナは手軽に摂取できるのでオススメの食材なんです。

運動時に必要な栄養がバナナに!

健康的に運動を楽しむためには栄養にも気を配ることが大切です。忙しい毎日の中で栄養バランスを考えるのは難しいと思われがちですが、朝食や間食でバナナを食べることで不足しやすいビタミンやミネラル、食物繊維を補うことができるんです。

バナナに含まれるオリゴ糖は、食物繊維とともに腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える働きがあります。腸の働きが低下すると、便秘や免疫力の低下、自律神経の乱れにもつながります。

運動前にも、運動後にも!

エネルギーが不足した状態で運動すると、筋肉を分解しエネルギーとして利用してしまいます。また、仕事帰りにジムやプールに通う場合、昼食から何も食べずに運動するとせっかくのトレーニング効果が半減してしまいます。運動する前におなかがいっぱいにならない程度に補食をとりましょう。

補食は糖質を多く含み、消化のよいバナナがおすすめです。また、噛むことで集中力を高めたり、 筋力アップにも役立つため、ナッツと組み合わせて食べるのもよいでしょう。 バナナは持ち運びも便利で手軽にどこでも食べられるため、忙しい人にもぴったりです。

そして運動後は疲労回復のために、できるだけ早く糖質をとることが望ましいため、食事までに時間が空いてしまう時には補食をとりましょう。

また、運動で汗をかくと、汗から鉄や銅などのミネラルが失われます。体内の鉄や銅が不足すると持久力が低下し、疲れやすくなります。バナナには汗で失われやすい鉄や銅などのミネラルを含み、貧血予防に役立ちます。鉄はコラーゲンの合成にも欠かせない栄養素のひとつで、骨やじん帯、皮膚の健康にもかかわります。日本人女性で月経のある世代では半数近くが鉄欠乏との報告もあり、手軽に鉄がとれるバナナは健康にも美容にもおすすめです。

関連するまとめ

痰でお困りの方へ

風邪をひいたときなど、痰が絡んで苦しい思いをしたことがあるという方は多いと思います。

西洋などではよく食べられていた野菜がどんどん日本でも根付いてきてますよね。ルバーブと…

「ルバーブ」という野菜、聞いたことはあるけどどんな食材か知らない方、多いのではないでしょうか。

関連するキーワード