「冷え性」の原因

寒さによって、ストレスがかかると慢性的な疲れやだるさに繋がります。「冷え性」の原因には様々なものがあります。

まず、ホルモンバランスの乱れや生活リズムの乱れからくるイライラなどのストレスによって体温調節が難しくなる、次に、きつい下着や靴などの締め付けによって血行の循環が悪くなる、そして、筋肉量が少ないと、筋肉にめぐる血液の量も少ないため、体は冷えやすくなる。これらが原因で「冷え性」は起こりやすいです。

朝ごはんを食べて、「冷え性」を予防しよう!

「冷え性」の予防と対策には、まず生活のリズムを整えることが大事です。中でも朝ごはんの重要性は言うまでもないでしょう。

朝ごはんを食べると、内臓が活動を始めて、エネルギーを生産してくれます。そのため、朝から体が活動的になり、体温は上昇しますので、朝ごはんはしっかり食べましょう。

もし、朝に時間がない方は、お味噌汁一杯でもいいです。最近は、バータイプやゼリータイプの栄養補助食品が手軽に栄養補給できてオススメです。

血行を良くする食べ物を食べよう!

カカオ

チョコレートやココアに含まれるカカオには、血管拡張作用があるポリフェノールとテオブロミンという成分が入っています。また、ココアはホットで飲むことにより、体を温め、お茶やコーヒーに比べてその効果が持続するといわれています。

たまねぎ

たまねぎの辛味成分であるアリシンには、血流改善効果がある成分に変わります。この成分は、水に溶けやすいので、玉ねぎの茹で汁をスープにしたり工夫しましょう。

また、たまねぎに含まれるケルセチンには抗酸化力があり、血管拡張を促してくれます。油との相性が良いため油いためなどの調理法がオススメです。

身体を温める食べ物を選ぼう!

身体を温める食材としては、唐辛子、ショウガ、にんにく、玉ねぎなどがあげられます。唐辛子に含まれるカプサイシン、加熱したショウガに含まれるショウガオールは、血液を体の隅々までいきわたらせ、身体をポカポカと温める働きがあります。

逆に、食べ物の中には身体を冷やす食べ物もあります。きゅうり、トマト、なす、大根など、主に夏野菜に多いです。しかし、温かい食べ物には代謝を上げる働きがあるため、身体を冷やす食べ物は、煮る・焼く・蒸すなど温める調理をして、体を温めましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

鍋の季節がやってきました!寒い冬こそ「鍋料理」のメリットをいただきましょう!

「鍋料理」が美味しい季節になってきました。食べるメリットもあるので、様々な鍋料理に挑戦してみましょう。

羊肉は凄い肉だった

羊肉は、生後1年以上のものをマトン、1年以下の子羊の肉をラムと呼んで区別しています。

冬の入浴は怖い!?

ヒートショックに気をつけましょう!

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。