筋肉とコーヒーのメカニズムとは

【覚醒作用】
コーヒーに含まれているカフェインには筋肉を刺激する作用があります。
よくコーヒーを飲むと眠気がなくなると感じる人も多くますが、この現象は覚醒作用と呼ばれ、カフェインが中枢神経を刺激することで眠気がおさまるのです。
これに似た効果で疲労を感じにくくさせる効果もあります。

また脳からドーパミン、副腎からアドレナリンも分泌されるので体が興奮状態になるので、運動への意欲も高まります。
カフェインの覚醒作用には集中力を高める効果もあり、カフェインで中枢神経を刺激して集中力を高める事で、脂肪燃焼の為の運動を効率よく行うことができます。

【脂肪燃焼の促進】
カフェインには脂肪燃焼を促す効果があります。
カフェインが交感神経を刺激するので、アドレナリンが分泌されやすくなり脂肪細胞の働きが活性化される特徴があります。
脂肪細胞が活発化するとエネルギーとして消費されやすくなるので、脂肪を燃焼しやすくなります。

またコーヒーには血管拡張効果もあります。
カフェインは血管を広げる効果があるので、血流がよくなり代謝が上がりやすくなります。
運動するとより代謝を上げることができ、運動の効果も実感しやすくなります。

運動前何分前にコーヒーを飲むべきか?

運動する約30~60分前に飲むのが理想とされています。
これはコーヒーを飲んでから体にカフェインがいきわたる時間が一番適切だからです。

また夜に運動する人は少し飲み方を変える必要があります。
夜にコーヒーを飲むとカフェインの効果で寝付きにくくなってしまう可能性があります。
その為カフェイン量を少なくするためにコーヒーは通常時の半分の量、もしくはアイスコーヒーを飲むのがおすすめです。

運動前のコーヒーの飲み方と摂取量

【飲み方】
運動前のコーヒーはホットをブラックで飲むのがオススメです。
カフェインは80度前後の温度で飲むと体に吸収されやすい為、ホットで飲むと運動中に効果を発揮しやすいです。

またコーヒーを飲む時に砂糖やミルクを入れる人もいますが、カロリーが高くなってしまいます。
ダイエットを兼ねた運動をしている人は特にブラックがオススメです。
ブラックが苦手な人は牛乳の代替えとして無脂肪牛乳や豆乳を入れたり、砂糖の代替えでココナッツオイルやオリゴ糖を入れて飲むと飲みやすくなります。

【摂取量】
運動前に飲むコーヒーはマグカップ1杯程度が理想です。
20歳以上の男女では、1日約300~400mgまでならカフェインを摂取しても問題ないと言われています。

注意点

運動前に飲むことで運動時のパフォーマンス向上を狙って多く飲もうとしてしまう人もいますが、これには注意が必要です。
カフェインは取りすぎるとカフェイン中毒を起こす可能性があります。
 
カフェインは良い効果もありますが過剰摂取してしまうと悪影響なので、適量を飲むのが大切です。

関連するまとめ

肩こりってなんでしょう

私は無縁ですが、そもそも肩こりってなんでしょう

インパクトのある名前のドラゴンフルーツ。いったいどんな効果があるのでしょうか。

アサイーに次ぐスーパーフード・美容食材として日本でも紹介される機会が増え、スーパーなどでも時折見かけるように…

マグロの栄養効果とは?

人気のナンバー1といっても過言ではない、魚の王様・まぐろ 年明けの本マグロ初セリは高値がつくことで毎年ニュー…