ウルトラマラソン
みなさんは聞いた事はあるでしょうか。
フルマラソンはオリンピックの競技にもあるので、
知っている方は多いのではないでしょうか。
今回はそんなウルトラマラソンについて少しですが、
紹介したいと思います。
興味ある方は是非チャレンジしてみてください。

ウルトラマラソン

フルマラソンはご存知の通り、42.195kmを走る競技です。
しかしウルトラマラソンはこれを超える距離すべてを含んでおり、たとえば60kmや70km、100km、あるいはさらに長い200km、300kmといった大会まで存在しますね。代表的なものは100kmであり、大会数は全国的に見てもっとも多いでしょう。そのため「ウルトラマラソンといえば100km」と捉えている方もいるようです。

当然のことながら、フルマラソンとウルトラマラソンは距離が違います。100kmを例にとって挙げるのであれば、その距離はフルマラソンの2倍以上。そして制限時間は100kmなら14時間というケースが多く、これもまた2倍以上となります。

長く走れる練習

一般的に考えれば、フルマラソンも十分に長い距離です。
しかしウルトラマラソンはそれすらも上回り、100kmマラソンであれば倍以上に及びます。ただし距離が長い分だけ、走るペースは遅くなるのが必然。そのため、「ゆっくり長く走る」練習が有効でしょう。

例えば100kmマラソンは14時間制限という大会が多いですが、8:00/kmペースで走れば完走できます。このペースだけを見ると、もしかしたら楽に感じるかもしれません。しかし8:00/kmとはいえ、14時間ずっと走り続けるのは想像以上に大変なこと。ウルトラマラソンの大会を見ると分かりますが、後半には大勢のランナーが走れなくなり、歩いてゴールを目指しています。

そこで、LSD(ロング・スロー・ディスタンス)のような練習を中心に行ってみてください。できれば練習段階から、50~60kmなどフルマラソンを超える距離を走ってみることをおすすめします。最初はタイムを気にせず、休憩を入れたり歩いたりしても構いません。まず「長時間にわたって動き続ける」ことに慣れましょう。私もよくウルトラマラソンの練習として、仲間と60kmのLSDを行いました。後述しますが、これを通じて“長く走るためのコツ”も掴めてくるはずです。

出典:YouTube

関連するまとめ

自由自在な動きに対応!忍者モチーフのキッズシューズ MOONSTARの高機能子ども靴…

株式会社ムーンスターは、MOONSTAR「Hi!!」シリーズより、忍者をモチーフにした子ども靴2型を2019…

小学校3年生までが勝負?!子供に隠された運動能力を引き出す方法

最近、日本の子供たちの運動能力低下について問題視されていますよね。 運動神経って遺伝するものなのでしょうか。…

大日本プロレス、最狭タッグリーグは岡林&関本組が連覇!

目の前で見ると本当に体が大きくて、ただとても優しい笑顔で、引き疲れました。今後の活躍にも期待です。

岩永美月

ソフトボールをずっとやってきたので野球大好きです。
12球団のホーム球場制覇まで、残すは日ハムのみ。
日ハムの新球場完成したら観戦しに行って、12球団のホーム球場制覇してみせます!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポーツドリンク特集

スポーツドリンク特集