腹筋を鍛えるときに、ただがむしゃらに、高い負荷のトレーニングをたくさんすると良いというわけではありません。

トレーニングに取り組んでいる際の呼吸の方法で、筋肉の鍛えられ方が違ってきます。

呼吸を止めるのはNG

腹筋のトレーニングの際に、力を入れるポイントで息を止めてしまうということが多々あるかもしれません。

息を止めている間は体内の血圧は上昇した状態に。
その後、負荷がなくなった時に、一気に力が抜けて、血圧が解放されます。

この時に、身体全体における血の流れが不足してしまう状況に陥りやすくなり、めまいや気を失ってしまうことが起こり得るので、注意が必要です。

吸う・吐くのタイミングがポイント

基本的に、体に力を入れて筋肉が収縮するタイミングで息を吸い、体が伸びるタイミングで息を吐くと筋トレの効果が高まります。

呼吸を止めて腹筋をすると、筋肉の収縮に合わせた最適な運動ができなくなってしまうため、トレーニングの効果が半減する原因に。

腹筋をする際には、

・体を起こす時に息を吐き
・体を倒す時に息を吸う

ここを意識すると、負荷が高まりトレーニングの効率が上がります。

まとめ

トレーニングの効果をさらにアップさせるためには、正しい呼吸の方法をマスターして、筋肉をより効果的に使うことが大切。

ただひたすらトレーニングをするより、意識的に腹筋を鍛えることで、より高い効果を実感できます。呼吸に注意して、腹筋トレーニングの効率を高めていきましょう。

関連するまとめ

オリンピック競技のボクシングでダイエット&ストレス発散!

ボクササイズでは、有酸素運動×筋力アップという、ダイエットに必須の効果が効率的に得られると言われており、それ…

チューブトレーニング

スポーツ選手も行っているトレーニング

ヨガとピラティスの違い

ヨガとピラティスって何が違うのでしょうか

関連するキーワード