スピードや距離は気にしない

近年、ランニングをする人が増えています。とは言っても、記録の更新を目指してストイックに走りこんだり、フルマラソンの完走を目指したりする人ばかりではありません。ただ身体を動かしたくて、楽しく気持ちよく自分のペースで走る人がたくさんいます。

スポーツの世界では、「ジョギング」と「ランニング」を明確に使い分けることもありますが、これから始めようとしている方はそこまで細かく気にする必要はありません。それよりも「楽しく」「無理なく」「気持ちよく」を大事にしてください。

また、もしいきなり走るのはつらいかな、と感じるようなら、まずは負荷の軽いウォーキングからスタートしても大丈夫。慣れてきてもう少し「動きたい!」気持ちになったら、ジョギング、ランニングへと移行していきましょう。

免疫力向上で身体の健康がアップ

日ごろからスポーツを楽しむ人は免疫力が高くなり、ウイルス感染症にかかりづらくなるといわれています。また、仮に発症したとしても軽い症状で済む傾向があるともいわれています。

それではスポーツが免疫力に与える影響は、具体的にどれくらいのものなのでしょうか。アメリカの健康保険組織が、運動と新型コロナウイルス感染症の関係を調べた結果、中強度の運動を週に150分以上おこなう人が入院するリスクや死亡するリスクはいずれも、週に10分以下の人たちと比較して45%以下に抑えられることがわかったのです。

スポーツはこのように、免疫力の向上など健康増進に役立ちます。チームスポーツをすぐにはじめるのは難しくても、ランニングなら気軽にスタートできますね。

ストレス解消で心の健康がアップ

ストレスを解消できるのもランニングのメリットです。朝陽を浴びながら早朝の澄んだ空気のなかを走れば、あるいは夕暮れの優しい明かりに包まれながら走ることで、自然と気持ちがほぐれてくるもの。また、緑の多い公園や川沿いをコースに選べば、さらに気持ちよく走れるかもしれません。

時には走ること自体に夢中になるのもいいですね。ランニングをしていると仕事のことやプライベートの難しいことなどをふっと忘れる瞬間があるもの。ただ走ることのみに没頭できる時間は貴重です。

自分のペースで始められる

スポーツをはじめようと思ったとき、その準備に時間や費用がかかると心が折れたり萎えたりしてしまうことがあります。自分が入れそうなチームを探したり用具をそろえたりする必要があると、「今度しっかり調べてみよう」などと考え、なかなかはじめられないまま時間が過ぎてしまいがちです。

ランニングなら始めようと思った瞬間にスタートできます。チームメートやパートナー、仲間の考えや都合を気にする必要がないので、自分の好きなペースで走れます、始められます。もちろん時には歩いたり、立ち止まって休憩やストレッチしても大丈夫。自分の思うままに楽しめます。

関連するまとめ

登山を疑似体験?ステップマシンの魅力

発明されたのは1983年のステップマシンはフィットネス界では最も歴史の古いマシンの1つです。

家で簡単トレーニング【腹筋編】

筋肉は動かしてないと固まってしまい、筋トレをしても上手く動かないことがあります。そこで、筋トレを行う前にスト…