「冷え性」とは

冷えは、貧血、低血圧、甲状腺機能低下症、膠原病など明らかな原因がある場合は西洋医学的な治療の対象となりますが、多くの場合は、検査で明らかな異常がみられないにもかかわらず、手足が冷える、ゾクゾクと寒いなど冷えの症状が認められます。明らかな原因のない冷えは、一般的に 「冷え性」の体質として扱われます。

その原因には、自律神経や心臓、筋肉などの働きが関係しているものと考えられています。女性は約8割、男性でも4割以上の人が、冷え性の自覚があるそうです

「冷え性」はなぜ起こるのか?

筋肉量が少ない

筋肉は、人体最大の熱産生器官です。さらに、筋肉が伸縮することでポンプのように血液を送り出すので、体のすみずみまで血液を循環させて体を温めまています。

筋肉量でいうと、女性はもともと男性に比べて少ないため、作り出される熱量が少ない上に、ポンプの力が弱いため、体が冷えやすいということになります。体の末端まで血液が行きにくいため、特に、手足が冷えやすくなります。

ホルモンバランスの乱れ

女性は、男性にはない月経、出産、閉経といった変化があり、ホルモンのバランスが乱れやすい傾向にあります。ホルモンバランスが乱れると、体温調整をしている自律神経が影響を受けて、血液の循環が悪くなり冷え性になりやすいそうです。

人によって感じ方は様々ですが、“生理中は体が冷えやすい”“冷えにより生理痛がひどくなる”という方もいるようです。また、女性ホルモンの量がぐんと減る更年期には、冷えがひどくなるという方が多くなるようです。

ストレスの影響

生活していく上で、ストレスは少なからずあるもの。仕事や家事などに追われてイライラするかもしれませんし、夏や冬には、室内と外気温の差が極端に激しくて、それも体のストレスになります。

ストレスを感じると、自律神経のバランスを崩しやすくなりますが、自律神経は、リラックス状態で優位になる「副交感神経」と、緊張状態で優位となる「交感神経」の2つがバランスを保って、体の機能を調節しています。しかし、ストレス過多の状態が続くと「交感神経」優位の状態が長くなり、体は緊張しっぱなしになります。末梢血管も収縮を続けて血行不良を招き、冷えた状態を招いてしまいます。

生活習慣の乱れ

現代人の体温は、昼夜逆転の生活や朝食抜き、食事の時間がバラバラなど、生活習慣の乱れによって低下していると言われています。

体温はもともと、早朝が最低で、起床して朝食をとるとともに急激に上がり、昼過ぎから夕方までゆるやかに上昇した後、夜間に向かって下がっていくものです。しかし、乱れた生活習慣は自律神経のバランスを乱し、体温調節機能が乱れて冷え性を招きます。

また、昨今では夏場はエアコンのきいた室内で冷たいものを食べ、冬場は温かい室内でゴロゴロと、体の体温調節機能を使わない生活が主流。そのため、もともと備わっていた体温調節機能が低下している人が増えているようです。

「冷え性」の症状について

「冷え性」の症状は、軽度であれば“冷えを感じる”程度ですが、中度になってくると冷えている箇所がこわばりはじめ、重度になると冷えの箇所にしびれを感じるようになるそうです。ここまで冷えてしまうと、日常生活に支障が起きる「冷え症」と思われます。

冷えは血流の流れが悪くなるために起こるので、便秘や下痢、肌荒れ、くすみ、頭痛、腰痛、じんましん、アトピー、膀胱炎、トイレが近いなどの症状を誘発することにもなります。また、重篤な病気で冷えることもありますので、冷えは病気じゃないと思わず、不安な場合は医師に相談するとよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

秋の味覚の代表格の舞茸。どんな効果があるのでしょうか。

舞茸は秋の味覚の代表格です。炊き込みご飯にお鍋に、天ぷらと味にクセはないのに、うまみがたっぷりのきのこです。

雨の日などに関節痛になる理由

いてぇ~!雨の日は関節がいてぇ~!その理由

生姜の力

しょうがの香りは産地によって異なるそうで、アフリカ産は樟脳のような匂い、インド産はシトラールの香りがするそう…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。