毎朝飲んでいるコーヒーですが、あなたは拘りのコーヒー豆はありますか?
コーヒー豆はアカネ科の「コーヒーノキ」という植物の種子で、実は成熟すると赤くなり、その中には2粒の種子が入っているようです。コーヒーノキは40種類ほどあるようでコーヒー豆として収穫できるのは、アラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種の3種類のみとのこと。コーヒーノキの多くは、南北北回帰線の間の熱帯・亜熱帯地域で栽培されているそうです。
ちなみに世界に流通する豆の約65%がアラビカ種で、ロブスタ種が約35%、リベリカ種は1%にも満たない量だそうで、アラビカ種は高級品として扱われ、ブルーマウンテン、マンデリン、キリマンジャロ、モカ、ハワイコナなどはすべてアラビカ種だそうです。価格の安いロブスタ種はインスタントコーヒーの原料に使われることが多いということなので、やはりコーヒーにこだわるのであれば、豆から買ってこないとダメということですね。

コーヒーの栄養素と効力が凄い

コーヒーに含まれる栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシン、ビオチン)、ビタミンE、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデンなど、あの一杯にこんなにたくさんの栄養素が含まれているようです。
更に、ガン予防にも良いとされており、コーヒーを毎日1~2杯飲む人の肝臓がんの発症リスクは全く飲まない人の1/2に、毎日5杯以上飲む人は1/4に低下するというデータがあるようです。更に更に、コーヒーを毎日飲む人のほうが、ほとんど飲まない人に比べ、2割ぐらい2型糖尿病にならないという調査データがあるということのようなんで、どこまですごい効力があるんだい?と言ったところでs7ね。
もっと凄いことに、動脈硬化を抑制し、コーヒーの摂取量が多い人ほど、脳梗塞になる確率が少なくなるというデータも示されているということ。これは絶対に飲まなくてはならない、いわば健康飲料の一種ですね。
ザックリまとめるとこのような効果が期待できるようです。
疲労回復、代謝活動の促進、動脈硬化の予防、高血圧の予防、覚醒作用、利尿作用、血糖値抑制、糖尿病の予防、脳梗塞の予防、心筋梗塞の予防、がん予防。

私が好きなのはコナコーヒー

さて、そんなこんなででとにかく健康に良いというコーヒーですが、私個人的にはハワイコナコーヒーが大好きです。特徴としては、甘い香りとフルーティーな酸味が特徴で生産量が少なくブルーマウンテンと並ぶ高級銘柄でもあります。実は会社の近くにもコナコーヒー専門店があり、たまに行くのですが、何しろコストが高いのなんの。でも、たまには美味しいコーヒーを飲むというのもありですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

にんにく注射・・・その成分と効果

清原が打っていたことで注目を浴びましたね。

夏バテや熱中症対策にも効果的!夏の風物詩「スイカ」

猛暑日や熱帯夜が増え、夏バテや熱中症などで体調を崩す人も増えてくると思いますが、暑い季節の体調管理に、実は「…

梅雨時期に摂りたい栄養

梅雨のジメジメで食欲も落ちがちですよね。

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。