料理を楽しめれば脳の活性化になる

料理をしている時に、「相手を喜ばせる」「達成感がある」「おいしいものが食べられる」という気持ちで入れると脳に良い影響を与えてくれます。

人は、誰かの役に立ちたい、誰かに喜んでほしいと無意識に思っているものであり、そのことに対して努力しているときに脳が最大に活性化するという脳科学者もいるそうです。
おいしくできたときの達成感はなんともいえないものがありますし、おいしいものを食べると幸福感に満たされます。
このとき、脳内物質のドーパミンやセロトニンが充分放出され、やる気が出たり満たされた気持ちになるのでしょう。
それもまた、次もがんばろうという動機づけにつながり、さらに脳は活性化されるのだと思うのです。

痴呆症予防にもなる

料理をする過程には、「メニューを考える」「材料をそろえる」「洗う」「切る」「煮る・焼く・炒めるなど」「盛り付け」などさまざまな工程があります。

また、2品3品と同時に作ることで、工程はさらに複雑になり、手順も違ってきます。
こういった一連の作業の中で脳は常に動き続け、活性化しているのです。
その作業が複雑であるほど、また難しいほど脳をしっかり働かせることになります。

ちなみに男性と比べて女性は認知症になりにくいといわれていますが、多くの女性が毎日調理をしているからかもしれません。
逆に、奥さんが料理をしてくれなったり、面倒だからお惣菜で済ませることが多くなったりと調理をしなくなった女性に、認知症の発生確率は増えるといわれています。
料理を作るということは、それだけ脳の活性化に役立っているのです。

お子様の教育にも良い

子供においても、料理における脳の活性化は期待されています。
もうずいぶん前から「キレる子供」が問題視されてきましたが、これも前頭連合野の未発達が示唆されているところです。料理を親と一緒に作ることで、親子のふれあいやコミュニケーションが取れることはもちろんのこと、前頭連合野の発育を促し、キレにくい落ち着いた子供に育つと考えられます。

それだけではなく、論理的思考は数学や理科にはなくてはならないものなので、ここが育つということは理系に強い子供になるかもしれませんね。

いずれにしても、料理というものは、家計との兼ね合いを考える計算力・材料でメニューや手順を考える情報統合力・判断力などさまざまな能力を駆使して行う複雑な作業です。

最後に

昔は「男子厨房に入らず」などといわれましたが、脳にこれだけ良い影響があるのであれば、老若男女問わずどんどん料理をするべきですね。

関連するまとめ

鳥取県の地ビール「大山Gビール」

大山ブルワリーは、国立公園大山のふもと標高300mに位置します。地元農家の方にご協力いただき、原料作りから携…

東京メトロ東西線の各駅の歴史や名物(東陽町〜茅場町)

江東区木場の地名は、この地にあった材木商人の材木置き場(木置場)に由来します。現在の木場にあった木置場はもと…

水球について

掴む、蹴るといった行為が意図的ではなかったとしても日常的に発生する事から「水中の格闘技」とも言われています。

関連するキーワード