私は疲れている時にチョコレートを食べたり、集中力を上げたい時に食べていたのですが、チョコレートの原料として使われているカカオには、忙しい現代人に必要な栄養素がバランス良く含まれている。食物繊維やカルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルが豊富で、便通を良くし、肌荒れや体調の改善に効果が期待できるそうです。

抗酸化力

チョコレートに含まれる、カカオには抗酸化作用が高いポリフェノールの含有量が他の食品に比べて高く、アンチエイジングやアレルギー、ストレスの緩和に役立つ。加えて、コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化など生活習慣病の予防にもなるそうです。他にも多くの有効成分を含むカカオ。チョコレートを食べることで積極的に日常にとり入れたいが、原材料や製法、作り手の思いにまでに意識を向けて、いつものチョコレート選びをすると買う時も楽しめるかもしれません。きっと新しい感覚や経験を感じ取れるでしょう。

血管を広げる

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは、小腸で吸収され、血管の内部に入っていきます。血管の内部に炎症が生じている場合には、その炎症により、血管が狭くなり、赤血球が通り抜けにくくなっています。そこに、カカオポリフェノールが作用することで、炎症が軽減され血管が広くなる効果が期待できます。これによって、赤血球が通りやすくなると考えられます。

テオブロミン

自律神経に作用し精神をリラックスさせてくれ、これも原料のカカオ豆に含まれている成分で、カフェインの仲間であり苦味成分です。ただし、カフェインの仲間であるものの神経を興奮させる作用は弱く、大脳皮質に作用して集中力や記憶力を高めたり、自律神経を調節してリラックスさせたりする効果があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ホットヨガの効果

あの暖かい部屋で行われているホットヨガ。 いったいどのような効果があるのでしょうか。

藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)演じるアクネス先生が、お肌の悩みに優しく寄り添…

株式会社ネイチャーラボは、スキンケアブランド「アクネスラボ」シリーズの新キービジュアルを2019年5月14日…

みんな大好き岩盤浴!その効果は

今、温浴施設で多く導入されている岩盤浴。 温めた天然石や岩石を加工したベッドの上で横になって汗をかくサウナ形…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square