夏は暑いから、痩せやすい、、、という訳ではない。

暑い夏は汗をたくさんかき、食欲不振に陥る人も多いことから、痩せやすいと思われがちですが、実際は、そうでもありません。夏にかいている汗は、体温調節のためのもので、カロリーを消費しているからではないからです。それなのに、汗をかきやすいことから、極力動かないようにしようという意識が働き、知らないうちに運動不足に陥っていってしまうんです。

また、多くの人が長時間を過ごす冷房が効いている屋内と、猛暑の屋外の気温差により、自律神経は乱れやすくなり、その影響でホルモンの働きがアンバランスになり、代謝も低下してしまいます。

しかも、気温が高く、自ら体温を上げる必要がない夏は、基礎代謝も下がりがちです。摂取したエネルギーを体内で消費する代謝が落ちれば、当然太りやすくなりますので、夏は痩せやすい季節というわけではないんです。

意外に多い!暑い夏の落とし穴。

夏は、スタミナを摂るために、高カロリーな食事を取る方が多いようで、高カロリー食に偏ると、当然太りやすくなります。前述のとおり、夏は代謝が下がっているのも拍車をかけますね。

一方、食欲が落ちると、夏はそうめんや冷や麦といったものばかり食べてしまうという人も多いです。一見、太らなそうですが、摂取できるのはほぼ炭水化物とカロリーだけになります。体はビタミン、ミネラル等を含め、必要な栄養素が全部そろって、初めて効率よく代謝されるようにできているので、栄養バランスの悪さも太る原因になります。加えて、冷たい麺が体を冷やすと、余計に代謝を下げてしまいます。

冷たいものだと、かき氷やアイスなども、甘さやくどさを感じにくいため、糖分・脂質過多に陥りやすく、注意が必要です。

他にはシャワーだけで済ますのも太りやすい原因につながります。シャワーで汗を流すだけだと、体が温まりにくいため、代謝も上がらず、太りやすくなってしまいます。

バランスの取れた食事を意識しよう!

夏は栄養バランスが偏りがちですから、極端な食生活に走ることなく、胃に負担の少ない良質のタンパク質やビタミン類などバランスよく摂ることを意識しましょう。特に体を冷やす働きのある夏野菜がオススメで、夏野菜には体内にこもった熱を除去し、調子を整えてくれる作用があるため、食欲もわいてきます。

適度な運動で身体を動かそう!

いくら暑いとはいえ、運動不足にならない程度には身体を動かしましょう。移動時に階段を使うだけでも違ってきます。また、寝る前に軽くストレッチをするのも良いです。ストレッチは、消費カロリーは少なめですが、くり返し行うことによって筋細胞が増え、筋繊維が長く伸びることにより、代謝を上げる効果が期待できます。

シャワーで済まさず、湯船に浸かる!

夏はシャワーで済ませがちですが、湯船に浸かるようにすれば、基礎代謝は上がります。ただ、熱いお湯では、自律神経の中で、緊張・興奮を司る交感神経のほうが活性化され、ヤセる効果は期待できません。ぬるめのお湯に10~20分程度を目安に浸かることで、リラックスして次第に副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整います。温浴効果で血液循環もよくなり、代謝もアップします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

子供から大人まで大人気の乳酸菌飲料。どんな効果が?

多くの飲料メーカーから、さまざまな乳酸菌飲料が発売されていることからも、その人気の高さがうかがえます。 また…

お肉を食べて疲労回復

疲労を回復するお肉といえば豚肉が有名ですね。でも食べ方によっては逆効果になってしまうこともあるんです。そこで…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。