クーラー病とは

体や手足の冷え、体のだるさ、疲れやすさ、食欲不振、頭痛、肩こり、腰痛、不眠、便秘、下痢などの症状がみられます。自律神経は免疫やホルモンの働きとも深い関わりがあることから、女性の場合は生理不順や生理痛の原因になることもあります。

何故クーラー病になってしまうのか

クールビズが当たり前になり、冷房の設定温度が28℃とされてから冷房病は減るものと思われていました。ところが、商業施設では23℃に設定されているところが大部分です。オフィスとの温度差が5℃以上のこともあります。体温調節ができるのは5℃以内といわれていますので、温度差の大きいところを行き来するだけでも不調(冷房病)になりやすいのです。
 高齢者と乳幼児は高温にも低温にも対応できないので、暑い夏に冷房は不可欠ですが、控えめにしないと、今度は冷房病になってしまう可能性があるのです。女性は男性に比べて発熱源である筋肉の量が少ないので、冷えやすいといえます。さらに、夏は薄着になるためいっそう冷えやすくなっています。

なるべく温かい食べ物で予防しよう

冷房病や冷え性を予防するには、「体の芯(中心部)を冷やさないこと」が大切です。その意味で食べ物や飲み物は、重要な意味をもっています。
夏には冷やし中華やソーメンといった、冷たいものを食べたくなります。ところがほとんどの場所ではエアコンがきいていて、冷たいものを食べると体を内外から急速に冷やすことになります。エアコンのきいた場所では、少し汗ばむくらいの温かい食べ物をとるようにしましょう(飲み物も同様です)。
体を温める食べ物を「温性食物」といいますが、その代表がショウガ、ネギ、ニンニク、タマネギ、カボチャ、チーズなどです。トウガラシやコショウなどの香辛料にも、同じ効果があります。
食欲があまりない場合、冷たいものを食べると胃腸を冷やし、かえって体調をくずしかねません。また、食事を抜くとカロリー不足から体が冷えやすくなり、さらにビタミン不足からだるさや疲れが助長されてしまいます。
温性食物の入った温かい食べ物を、少量でもいいのでとるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

睡眠不足だと太りやすいと言われてます。その理由などをご紹介します。

最近寝不足ではありませんか?「睡眠不足の人は太りやすい」と言われているんですよ。それには理由がありました。

かぶの栄養と効果

かぶには栄養がたくさん

さっぱりとした甘酸っぱさと瑞々しさ、真ん中にある大きな種が特徴的なプルーン。どんな効…

さっぱりとした甘酸っぱさと瑞々しさ、真ん中にある大きな種が特徴的なプルーン。青果としてよりも、ドライフルーツ…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。