最近話題の健康や美容に良いと言われている甘酒は「米麹甘酒」です。
お正月に神社で振る舞われる甘酒も、アルコール成分が含まれない(ノンアルコールの)「米麹甘酒」の方が多いようです。こちらならお子様や妊婦の方でも安心して飲めます。

胃腸に優しい

甘酒に含まれるブドウ糖は、麹菌によって既に分解済となっているため、効率よく体内にエネルギー源を吸収できます。その他にもアミノ酸、ビタミンB群、ミネラルなどが豊富に含まれているのですが、この成分は点滴と同じだそうです。麹菌には一緒に摂った栄養の消化吸収を助けてくれる働きもあるので、胃腸にも優しく、夏バテで胃酸が出にくいときにはもってこいです。
 昔の人はそのことを十分理解していたので、江戸時代では夏バテ予防の飲み物として町で売り歩く甘酒屋さんが名物になるほどでした。だからこそ「甘酒」は、夏の季語になったのですね。
 

美肌効果

甘酒にはビタミンB群、コウジ酸、アミノ酸など女性に嬉しい栄養素が多く含まれています。
ビタミンB群には、肌を活性化させてくれる美肌効果がありますし、米麹に含まれるコウジ酸にはメラニンを抑える効能があるので、シミやくすみを防ぐ効能が期待できます。
また、肌にハリやうるおいを与えてくれるアミノ酸には保湿効果があり、空気が乾燥する冬の時期にもおすすめです。
さらなる美肌を追求したい方は、直接お肌に塗ったり、化粧水に混ぜたりしても良いそうですよ。

便秘予防

甘酒には食物繊維やオリゴ糖も豊富に含まれています。これらの成分は、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる働きがあるので、便秘の予防・解消にも一役買ってくれます。麹菌は、死骸となっても腸内にいる善玉菌の餌となり、免疫活動を活性化させて免疫力を高める効果もあります。風邪かなと思った時は、甘酒を少し温めて飲むと良いそうです。
 

ダイエットのサポートに

ブドウ糖には消化補助の他にも血糖値を上昇させる効果があり、少量でも空腹感を抑えてくれるので、上手に使えばダイエットの心強いパートナーにもなってくれます。
また、イライラを抑えるGABAといったアミノ酸由来の物質も含んでいるので、食べ過ぎを防止する効果もあるのです。
ダイエット中、どうしても甘いものが食べたい、おなかが空きすぎてイライラしそうとなった時は、ダイエットのサポート飲料として甘酒を使うと良いみたいですよ。
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

EPAの効果

EPAの効果はどんなものか

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です