はじめに

みなさんは睡眠時無呼吸症候群という言葉はご存知でしょうか?
言葉の通り、寝ている時に呼吸をしていない時があるという事ですね。
寝ている時に呼吸をしてないと、どんな事が起きえるのかを少し紹介したいと思います。また、寝ている時なので、自分ではわからない場合もありますよね。どの様な人が睡眠時無呼吸症候群になりやすいのかも合わせて紹介したいと思います。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。
医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。

症状

本来、睡眠は日中活動した脳と身体を十分に休息させるためのもの。
その最中に呼吸停止が繰り返されることで、身体の中の酸素が減っていきます。すると、その酸素不足を補おうと、身体は心拍数を上げます。寝ている本人は気付いていなくても、寝ている間中脳や身体には大きな負担がかかっているわけです。脳も身体も断続的に覚醒した状態になるので、これでは休息どころではありません。
その結果、強い眠気や倦怠感、集中力低下などが引き起こされ、日中の様々な活動に影響が生じてきます。

どういう人がなりやすい?

◆タバコがやめられない
◆お酒が好きで、寝る前のお酒が習慣化
◆太り気味。暴飲暴食してしまうことがある
◆高血圧、糖尿病、高脂血症などの既往がある

見た目の特徴
痩せているからといって安心は禁物
睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、太った男性がかかる病気というイメージがあるかも知れませんが、太っていなくても、痩せていても、女性でもかかる病気です。
それは、顔や首まわりの形体的特徴がその発症と強く関連するためです。
SASになりやすい形体的特徴をご紹介しましょう。

◆首が短い
◆首が太い、まわりに脂肪がついている
◆下あごが小さい、小顔
◆下あごが後方に引っ込んでいる
◆歯並びが悪い
◆舌や舌の付け根が大きい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

47都道府県 有名なものシリーズ 栃木編①

47都道府県にはそれぞれ有名な場所や食べ物がありますよね。それらを少しずつですがご紹介出来たらと思います。

小学生時代に行った跳び箱の歴史

古代ヨーロッパ・ローマ帝国の時代、乗馬訓練の一環で木馬を使った運動が行なわれていました。

雷ってどのようにして起こるか知ってました?雷の原理を知っておこう

雷とは、雲と雲との間、あるいは雲と地上との間の放電によって、光と音を発生する自然現象のことを言います。ただ雷…

関連するキーワード

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。