元気な腸を作るためには?

1. 日光を浴びよう

朝起きたら、まずはカーテンをあけて、朝日を浴びます。体が目覚めると同時に、強い光で交感神経が刺激されて腸の動きも活発になり、スムーズなお通じが促される効果があります。

朝日を浴びると体内時計がリセットされるため、夜に快適に睡眠をとることができ、翌朝のスッキリした目覚めにつながるそうです。

2.コップ1杯の水を飲みましょう

寝起きにコップ1杯の水を飲むと、水の重みで刺激が生まれ、便を送り出す腸のぜん動運動が促される効果があります。ゴクゴクと勢いよく一気に飲むのがポイント。腸に届けば便を柔らかくして排出しやすくする効果も期待できます。飲み物の種類は、水でなくてもOKとのことです。

3.朝食をしっかり食べましょう

朝食をしっかりとることは、眠っている間に優位だった副交感神経から、活動時に活発になる交感神経に切り替わるスイッチになります。腸のぜん動運動が活発になり、お通じがスムーズに。整腸作用のあるものを食べればより効果アップとのことですので、水溶性食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖など、大切な栄養素がしっかりとれる大根おろしやヨーグルトやはちみつなどを食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

様々な国のの生ハムを知ろう

海外、日本の生ハムの違いをお話します。

電車で居眠りしていたら「首」が痛い!どうして?

電車やバスで椅子に座ると、いつの間にかウトウト、、、、目が覚めて首を動かそうとすると、首が痛い、動かないとい…

黒豆を食べよう

栄養価の高い黒豆の栄養素です。

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Yuta

筋トレ、走ること、食べることが好きです。