元気な腸を作るためには?

1. 日光を浴びよう

朝起きたら、まずはカーテンをあけて、朝日を浴びます。体が目覚めると同時に、強い光で交感神経が刺激されて腸の動きも活発になり、スムーズなお通じが促される効果があります。

朝日を浴びると体内時計がリセットされるため、夜に快適に睡眠をとることができ、翌朝のスッキリした目覚めにつながるそうです。

2.コップ1杯の水を飲みましょう

寝起きにコップ1杯の水を飲むと、水の重みで刺激が生まれ、便を送り出す腸のぜん動運動が促される効果があります。ゴクゴクと勢いよく一気に飲むのがポイント。腸に届けば便を柔らかくして排出しやすくする効果も期待できます。飲み物の種類は、水でなくてもOKとのことです。

3.朝食をしっかり食べましょう

朝食をしっかりとることは、眠っている間に優位だった副交感神経から、活動時に活発になる交感神経に切り替わるスイッチになります。腸のぜん動運動が活発になり、お通じがスムーズに。整腸作用のあるものを食べればより効果アップとのことですので、水溶性食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖など、大切な栄養素がしっかりとれる大根おろしやヨーグルトやはちみつなどを食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

気温が落ち着いてきたら対策が必要!「蚊」の撃退法

「蚊」の活動がもっとも盛んになる気温は25~30℃と言われ「蚊」にとって、過ごしやすくなってくる9月~10月…

「仕事ができる人」に共通する習慣とスキルとは?!

仕事が出来る人はカッコいい。 いつも意識して取り組んで仕事ができる人になり、仕事もプライベートも充実させまし…

非モテ女子には共通点があった?モテない共通点とは?

モテたいと日頃から頑張っている女子は多いですよね。 外見は磨きをかけて女子力は高いのですが… 案外男性は見た…

関連するキーワード