ミネラルが豊富

ワカメにはカリウムやマグネシウムなど、むくみの改善に役立つミネラルが豊富に含まれています。カリウムはナトリウムの排出を助ける働きがあり、ナトリウムによって蓄えられている水分の排出を促す・塩分過多による高血圧の予防などに役立ちます。マグネシウムはカリウムの働きをサポートすることで血中ナトリウム濃度の調整に関わりますし、血液やリンパ液のスムーズな循環を助ける働きがあります。
素干し(乾燥)ワカメであれば10gで520mgとゴーヤや人参200g分に相当するカリウムが含まれていますし。マグネシウム含有量も110mgと女性の1日推奨摂取量の3分の1以上を摂取することが出来ます。またワカメに含まれているヨウ素(ヨード)は甲状腺ホルモンの原料となる物質で、不足することでむくみや体のだるさなどの原因となります。過剰摂取は厳禁ですが、適度な補充はむくみの予防・改善に役立つと考えられています。

生活習慣病予防

わかめには水溶性食物繊維のアルギン酸やフコイダンが豊富です。
食物繊維は不足しがちな栄養素で、なかでも水溶性の食物繊維が不足していると言われています。
アルギン酸は体内の余分なナトリウムと結びついてナトリウムを排出し、血圧の上昇を防ぐのに効果的です。そのほか、コレステロールや糖質の吸収も抑制し、急な血糖値の上昇を抑えて脂質異常症や動脈硬化といった生活習慣病の予防に効果が期待されています。
アルギン酸やフコイダンといった水溶性食物繊維は、腸内でゲル状となって体に有害な物質を吸収し体外に排出する効果があります。また、腸内の乳酸菌を増やして便秘を改善し、肌荒れなど美容面での効果も発揮します。

免疫力の向上

わかめにはフコイダンという成分が含まれています。
フコイダンとは、海藻が自らの身を守るために保持しているネバネバ成分で、もずく、昆布などにも多く含まれています。
フコイダンのNK細胞を活性化する働きが、免疫力の向上、がんを予防する効果が期待されています。
その他の効果や効能では、胃の粘膜の保護やピロリ菌が胃壁に付着するのを防ぐ役割があります。この働きは、胃炎、十二指腸潰瘍、胃がんなどの予防に効果的と言われています。
フコイダンにはピロリ菌が好む、胃粘膜の粘性物質と同じ硫酸基を含みます。フコイダンが胃の中に入ると、ピロリ菌はフコイダンに吸着したまま体外へ排出されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

「日本の夏の風物詩」としたしまれているスイカの効果とは!

ぎっしり果肉が詰まった旬のスイカはまさに日本の夏の風物詩でしょう。実は、スイカはその栄養価の高さから熱中症対…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です