ダイエットにまつわる特集記事には、「基礎代謝」というキーワードが必ずといっていいほど登場します。そもそも基礎代謝とはどんなもので、1日にどれくらいのエネルギーを消費するのでしょう?また、基礎代謝を上げるには、どうすればよいのでしょうか?今回は、ダイエットの基本である基礎代謝について解説しながら、酵素を活用して代謝をアップさせる方法を教えます。

基礎代謝による1日のエネルギー消費量は6割

私たちの体は、動かずにじっとしているときでも、内臓を動かしたり、呼吸をしたり、体温を維持したり…と、生命を維持するためにさまざまな活動が行われています。これらの活動で消費される、必要最小限のエネルギー量のことを「基礎代謝」と言います。1日の消費エネルギーのうち、基礎代謝によるエネルギー消費量は、なんと6割を占めます。一方、運動や生活活動によるエネルギー消費量は3割程度。つまり基礎代謝が上がれば、運動していない時でも消費エネルギー量が増え、必然的に太りにくくなるのです。

また、基礎代謝は年齢とともに下がっていきます。「昔はたくさん食べても太らなかった」「食べる量は変わっていないのに太った」という人は、基礎代謝の低下が原因のひとつかもしれません。

代謝アップと抗酸化性

酵素には食品の栄養を高めたり、吸収しやすくする働きがあります。また、酵素をもとに発酵させた食品は、抗酸化性も高くなるといわれています。つまり、活性酸素を不活化することにより、細胞を保護し、エネルギー産生をスムーズにすると考えられます。その結果、代謝アップが期待できるのです。

酵素を活性化することで得られるメリット

生の野菜や果物には酵素が多く含まれています。また、「酵素を取り入れることができる」ドリンクについても、聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。しかし、食べ物に含まれている酵素は、実は胃で活性を失ってしまいます。そのため、体の外から酵素を摂取できる可能性は低いのです。

しかし、食物酵素には食物の栄養を強化したり、新たに栄養を作るという働き、そして風味を増したり消化しやすくする働きがあります。たとえば納豆は、大豆を納豆菌で発酵させたもの。納豆菌が大豆をエサにして作り出した酵素が、あの独特の風味と納豆にない栄養を作り出しているのです。それらを摂ることは体内の酵素を活性化し、健康な身体づくりにつながると考えられます。

以上のように、食物酵素と体内酵素は別のものです。仕組みを頭に入れておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

睡眠を充実させるためには

十分に睡眠をとっているはずなのに眠たい、寝た気がしない、昼間に眠気がする などのような感覚をもったことがある…

コラーゲンが凄かった

コラーゲンはお肌のハリを作る成分で美肌効果があるというのは、多く認識されてます。 しかし、誤解されやすいのは…

ダイエットだけじゃない!週末プチ断食をして最高の健康状態を手に入れよう

週末に休日に1日だけのプチ断食で素晴らしい健康効果が得られます。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。