ヘンププロテインとは?

ヘンププロテインは、麻の実(種子)の硬い殻を外した中身「ヘンプシード」をパウダー状に加工したもの。
なお、ヘンプは産業用の大麻です。「大麻」と聞くと、安全性が心配になる人もいるかもしれませんが、「麻の実」は七味唐辛子や漢方薬としても利用されている安全なものなので心配は不要です。
風味はきなこに近く、日本人には比較的抵抗が少ない味わいかもしれません。豆乳やヨーグルトに混ぜて摂取するのがオススメ。
原料はヘンプのみで、人工甘味料・保存料などは使用していません。

ヘンププロテインのメリット

①植物性たんぱく質50%
ヘンププロテインには良質な植物性たんぱく質が50%含まれています。さらに、ヘンプの植物性たんぱく質には、たんぱく質を構成する20種のアミノ酸のうち、食事から摂取しなければいけない「必須アミノ酸」が全て含まれています!
動物性のものがからだに合わなくなってきたけど、たんぱく質はしっかり摂りたい!といった方におすすめ。
この点も近年ビーガン志向の方に好まれている特徴といえます。

②腸内環境を整える
ヘンププロテインには「不溶性食物繊維」が豊富に含まれています。ゴボウやキノコに多く含まれている成分ですね。不溶性食物繊維には、便のカサを増やして腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発化させると言われています。

③必須ミネラルも含む
五大栄養素の一つ、ミネラルは血液や筋肉などからだに必要不可欠な部分に関わる栄養素です。その中でも必須と言われている「必須ミネラル」のうち、ヘンプには鉄・銅・亜鉛・マグネシウムが含まれています。激しい運動やダイエット中は、貧血を引き起こすリスクがあり、肌荒れにも影響があるといわれています。
運動の後は、汗とともにミネラルがからだの外へ出て行ってしまいますので、ミネラルの補給が重要となってきます。

ホエイプロテインとヘンププロテインの違いについて

ホエイプロテインは、たんぱく質含有量が高く、消化吸収が早いので効率的に筋肉量を増やしたい人に向いています。
ヘンププロテインは、たんぱく質の含有量50%となっていますが、その分食物繊維やミネラルが豊富に含まれていますので、筋肉量の増加よりも、たんぱく質を摂りながらからだの調子を整えたいという方にとてもおススメです。

まとめ

自分の目指したい身体や体調に合わせて、プロテインを摂取し、効果的な身体作りをしていきたいですね。

関連するまとめ

家庭菜園でも人気のナスとは

なすは淡泊な味でクセがなく、油との相性がよい野菜です。味もしみこみやすく、加熱すると食感がなめらかになり、天…

実はダイエット効果も?!「梅干し」で効率よく脂肪燃焼!!

ご存知「梅干し」といえば、健康食材として有名ですが、実はダイエットにも効果的なんです。実は梅干しに含まれる「…