体をほぐすなど、様々な効果があるストレッチ。

体が硬いままゴルフをプレイすると体がうまく使えず、怪我予防にもなるので、簡単なストレッチをした方がおすすめ。しかし、具体的には何が良いのか理解し切れていないゴルファーは多いのではないでしょうか。

大切な情報をしっかり理解して、プレーに活かしていきましょう。

スイングの軌道が安定する

ゴルフのスイングは体を回転させるなど、普段の生活ではあまり使わない筋肉を使います。

使わない筋肉は硬くなっていることが多いのですが、硬い筋肉ではスムーズなスイングができなくなってしまうのです。

ストレッチをきちんと続けて行うことで、次第に筋肉を柔らかくすることができます。筋肉が柔らかくなれば、柔軟性が高まってバランスが取りやすくなり、スイングが安定してくるのです。

飛距離が伸びる

ゴルフは、上手くねん転することが出来るかどうかで飛距離が決まります。

そして、そんなねん転は力ではなく、柔軟性が非常に重要。「飛距離を伸ばすためには筋力の高さよりも、柔軟性の高さの方が重要だ!」という専門家もいるぐらいです。

ストレッチで肩や胸椎、股関節など、スイングで必要となる筋肉の柔軟性を高めておくことで、スムーズに動けるようになり、しなやかな”ねん転”ができるようになります。

スコアを上げるために、ぜひストレッチを行って、ねん転できるようにしておきましょう。

疲労感が和らぐ

ストレッチをせずに運動を始めてしまうと、疲労物質が溜まりやすくなると言われています。

ラウンド前に適度なストレッチを行っておけば血流をよくすることができ、疲労物質が溜まりにくく、次々とホールを周っていけます。

特に、ゴルフの場合は下半身を使うことが多いため、下半身のストレッチを行っておくと、ラウンドを周っていても疲れにくいと感じますよ。

関連するまとめ

ゴルフが好きな人はこの部位をストレッチでスコアアップ

スイングをしやすくなったり、怪我を予防にもなるストレッチ

ホールインワン達成したのに・・・その後は?

日本では、ホールインワンという偉業を成し遂げた者は、周囲の人にその幸運をお裾分けしないといけない、という暗黙…

ゴルフのコースは元々18ホールじゃなかった

実際にプレーしたことなくても、ゲームなどで触れたことはある人の多いゴルフ。 コースが18ホールあるなんて、当…

関連するキーワード