陸上の短距離のスタートと言えばクラウチングスタートですね。
短距離選手じゃないとこのスタートは経験できませんよね。
いったいクラウチングスタートはいつごろから行われていたのでしょうか。
今回はそんなクラウチングスタートの歴史を紹介したいと思います。

クラウチングスタートの歴史

クラウチングスタートの歴史は古く、すでに120年前にはスコットランドで考案されていました。本格的に脚光を浴びるきっかけになったのは、第1回アテネオリンピックでのことです。そのころはまだスタート姿勢の研究が進んでおらず、どの選手も思い思いバラバラの姿勢でスタートしていましたが、アメリカ代表のトーマス・バーグが現代の物と何ら遜色のないクラウチングスタートの姿勢を取りました。バーグはこの大会の100mと400mで優勝を勝ち取り、観衆に大きな衝撃を与えました。また、この大会でのバーグを『アスレチックジャーナル誌』が大々的に報じたため、陸上競技者の間にクラウチングスタートの存在が瞬く間に広がり、急速な普及に一役買うことになりました。

スタート姿勢

クラウチングスタートは、まず肩幅より少し腕を広げて両指を地面に付き、前足側は膝を立てます。そして少し下がったところにうしろ足の膝を伸ばして置き、腰を上げて静止するというスタート姿勢です。クラウチングスタートというのは和製英語で、英語では「しゃがむ」を意味する「crouch start(クロウチスタート)」と呼ばれています。

公式陸上競技規則では、400m以下の競技はこの姿勢でのスタートがルール付けられています。そのことから分かるように、主に短距離走に特化したスタート姿勢と言えます。クラウチングスタートがなぜ短距離に向いているかと言うと、低い姿勢から蹴り出したときの反発力は、上体を起こしたときよりも、体を前に進める力が大きいからです。

関連するまとめ

7月の誕生石ルビー!ルビーの歴史などを知ろう!

自分の誕生月と同じ誕生石をプレゼントされた事があったりなどで、 把握されている方も多いとは思いますが、すべて…

あなたのやっている手洗いは正しく出来ていますか?改めて正しい手洗い方法を確認しましょ…

「手洗い」が大切とわかっていても、面倒でいい加減になっていませんか?指先までキレイに洗えていないと、風邪や食…

岩永美月

ソフトボールをずっとやってきたので野球大好きです。
12球団のホーム球場制覇まで、残すは日ハムのみ。
日ハムの新球場完成したら観戦しに行って、12球団のホーム球場制覇してみせます!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

アンケート特集

みんなはどう思っている?