クロロゲン酸とは?

コーヒーポリフェノールとも呼ばれる強い抗酸化作用がある栄養成分で様々な健康効果があります。コーヒーポリフェノールというぐらいなので、主にコーヒーに多く含まれていますが野菜からも摂れることも確認されており、ナス・牛蒡・ジャガイモの皮・春菊にも多く含まれています。
クロロゲン酸は、特にコーヒーには多く含有されていて、コーヒーと言えば、カフェインというイメージですが、クロロゲン酸は5%~10%という量が含まれていて、カフェインよりも多く含有されています。コーヒーの複雑で重厚な香りや味は、このクロロゲン酸によるものとも言われています。
コーヒーはカラダにあまり良くないと一昔前は言われていましたよね。あれは一体何だったんでしょうね?

クロロゲン酸の効果とは?!

・脂肪燃焼効果
クロロゲン酸には、脂肪の蓄積を抑える働きがあるので、脂肪肝を予防することが可能です。脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が溜まった状態のことで、メタボリックシンドロームにも繋がると言われています。放っておくと、肝炎などの病気を引き起こす可能性もあり、事前の予防が重要となっており、それを抑える効果を持っているとも言われています。

・糖の吸収を遅らせる!
糖の吸収を抑制する効果もあります。
糖の吸収を抑えるということは、ダイエット効果にもつながります。
まだクロロゲン酸の効果・効能はありますが、代表的なものをピックアップしました。現代人の様々な悩みや患いに対処できることで注目されているのがクロロゲン酸ポリフェノールです。毎日数杯のコーヒーが知らずに知らずにあなたの健康を支えてくれているかもしれません

他にもこのような効果が!?

燃焼効果や糖の吸収を抑えるという効果があるというのがわかりました。
それ以外に、生活習慣病の予防にも役立ちそうなことも調べてみてわかりました。

・糖尿病の予防
・アンチエイジング
・血糖値の上昇を抑える
・コレステロールの抑制
など

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

8月24日は〇〇の日!知っているあなたは凄い!

真夏です! 今年の夏はいつもの夏とは違う感じですね。 もう味わう事がないかもわからないこんな夏の8月。 いろ…

まだ間に合う!?都内で人気の初詣神社を色々巡って御利益を頂こう!part⑦

東京都内にも大小、様々な神社がありますが有名な初詣のスポットはどこも混雑しています。そこで毎年大勢の人が訪れ…

りんご病とはどんな病気

4~5歳の幼児や、小児を中心に発生する、単鎖DNA(二重らせん形状をしていないDNA)ウイルスであるヒトパル…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square