コロナで外出が出来ず、家にいる時間が長くなってしまいましたが、これを機にお家でのトレーニングでパーフェクトボディを目指しましょう!

ノーマルスクワット

消費カロリーがかなり高い筋トレの代表的なメニュー『ノーマルスクワット』。太ももやふくらはぎ、お尻など下半身を中心に鍛えられる筋トレになります。細マッチョやモデル体型など、多くの男性や女性が理想とする体型に近付くために取り組んでいます。

「スクワットで痩せられた!」といった口コミも多く、ダイエット効果も◎。
筋肉質でありながら美しい肉体を手にするために、まずは王道メニューのノーマルスクワットを行ってみましょう!

スクワットで鍛えられる部位・やり方

・鍛えられる筋肉の部位

大腿四頭筋
ハムストリング
腸腰筋
脊柱起立筋
大臀筋

・ノーマルスクワットの正しいやり方

足を肩幅よりも少し広めに開いて立つ
足先を気持ち外側に向ける
背筋を伸ばしたまま、ゆっくり腰を下げていく
(3)の時、体重がかかとに掛かるようにする
床と太ももが平行になる程度まで下げたら、1~2秒維持する
姿勢をゆっくり戻していく
15回繰り返す
インターバル(30秒)
インターバルを経過したら、残り2セット行う
終了

【ノーマルスクワットの正しいやり方】お尻・太ももを鍛えられるトレーニング|自宅で出来る簡単な筋トレメニュー|ヒロトレ - YouTube

出典:YouTube

ノーマルスクワットは15回×3セットが目安となります。普段から運動をしていない方がいきなりやると、脚が筋肉痛になりかねないので、最初は1~2セットで励みましょう。

ノーマルスクワットで筋トレ効果を上げるコツは、反動と勢いは利用せずにゆっくり動作を行うこと。ゆっくり行うことで、その分下半身を効果的に刺激し続けることができます。短期間で引き締められる効果の高いトレーニングメニューなので、一回一回の質を大切に取り組みましょう。

関連するまとめ

二つの新規コンテンツで更にパワーアップ!スポーツ複合施設「晴れのち晴れ」にボルダリン…

パデル&フットサル 晴れのち晴れは、「ボルダリング」と「BBQ」の二つの新規コンテンツを2019年3月1日よ…

「日本最速の高速リフト」を開業した奥伊吹スキー場の入場者数が早くも「9000人」越え…

奥伊吹スキー場が12月28日よりスキー場をオープン。スキーヤー・スノーボーダーにとって嬉しいウィンターシーズ…

夏や冬にもその症状が出るかも!?しっかりと知っておきたい脱水症の対策方法

脱水症は早めの対処と予防が大切です。スポーツ時の発汗だけではなく、気温や乾燥など、さまざまな要因によって、季…