クリスマスカラー「赤」

クリスマスカラーで「赤」=サンタクロースと思い浮かべる人も多いかと思いますが、実はキリストの流した血、神やキリストの深い愛をあらわしています。
また、キリスト教のシンボルカラーでもあり、神の寛大さ・愛を表しているといわれています。

クリスマスカラー「緑」

クリスマスの緑といえば、ツリーやリースなどの印象が強いと思います。クリスマスツリーなどでみられるヒイラギやもみの木は一年中葉を枯らすことのない常緑樹です。この常緑樹は、エバーグリーンともよばれ、永遠の命、神の永遠の愛という意味が込められています。
また、緑には春の訪れや強い生命力への願いも込められています。

クリスマスカラー「白」

クリスマスの「白」はでイメージするものは「雪」ではないでしょうか。
実は、キリストの純潔さや清らかな心を表していて、他にも平和や始まりといった新年への想いも込められています。
そういえば、天使も白ですので、この清らかなイメージから白になったのかもしれませんね。
赤や緑の中に、白が入っていると、全体のバランスも良くなるります。

クリスマスカラー「金」

「金」といえば、クリスマスツリーのてっぺんに飾る星をイメージしますね。
この「金」の色には、キリストの高貴さ・力・希望などの意味が込められています。
新年を迎えるにあたり、豊かさや富への祈りも込められています。
また
その他のクリスマスカラーの中に金が入ることによって気高さがでてくるのではないでしょうか。


クリスマスプレゼントやクリスマスツリーを飾るときに、この色の意味も理解した上で飾ると、よりクリスマスを過ごし方が充実しそうですね。

関連するまとめ

あつ森で初めて知りました!「国際博物館の日」ってどんな日?

5月18日は「国際博物館の日」です。どうぶつの森の最新作あつ森内で国際ミュージアムデーとしてイベント化された…

“史上最強にカワイイ犬”写真コンテスト開催!写真家が語る“犬撮影あるある”も

エランコジャパン株式会社は、ワンちゃんの写真コンテストキャンペーン「ワンちゃん&私にいいことプラスキャンペー…

12月に行われるお祭りを紹介します。ぜひ見たことがない人はご覧あれ。その9

開湯は奈良時代とされる。温泉が湧出する場所の意味から、最初は湧田(わくた)という地名であったが、転じて現在の…

関連するキーワード