はじめに

みなさんはタップダンスをご存知でしょうか?
他のダンスに比べて、音楽に合わせて豪快に踊るイメージはありませんが、
自ら音を奏でてリズムを合わせて踊るタップダンス。
そんなタップダンスとはどんなものなのでしょうか?

歴史

タップダンスの誕生の歴史は、決して明るいものではありません。1800年代後半、アメリカ南部で奴隷として扱われていた黒人たちが、唯一の自己表現だったドラム演奏さえも禁止され、ドラムの代わりに足踏みだけで地面を鳴らす演奏を始めました。これがタップダンスの起源と言われ、1920年代にジャズミュージックが生まれることで、音楽に合わせて足を踏み鳴らすという現代のタップダンスが確立されました。後にこれがジャズダンスのルーツにも発展していきます。

また、ただ素足を踏み鳴らしていた時代から、靴を履き、音楽に合わせてリズムを刻むという時代になり、当初はコインや廃材を靴底に付けて、良い音が出るように様々な工夫をするようになりました。これがいわゆるタップシューズの原型です。現在では、タップチップという専用の金具がシューズに取り付けてあります。

タップダンスは、貧しい人々の哀しみや怒りを発散させるために自然と生まれた、魂の表現とも言われていました。国が変われば、アイルランドのアイリッシュダンス、スペインのフラメンコなども同じような起因とスタイルを持っています。そういう面では、時を経てニューヨークのストリートで生まれた、感情のまま踊るヒップホップダンスも成り立ちはよく似ています。それぞれ表現方法は違いますが、訴えたいものは同じなのでしょう。

タップダンス

タップダンスは、ダンスという名前こそついていますが、とにかくリズムを刻むという意味では、その起源からもわかるように、楽器のドラム演奏に近いかもしれません。クラシックバレエを「芸術的表現」、ジャズダンスやヒップホップダンスを「音楽を身体で見せる表現」とするならば、タップダンスは言わば「音楽を身体で奏でる表現」ということです。その点から他のダンスとは一線を画しており、小学生のキッズから80歳のシニアの方まで、同じ曲を一緒に踊ることも珍しくありません。それはやはりタップダンスの中に楽器演奏というニュアンスが多く含まれているからなのでしょう。

タップダンスには大きく分けて二つのジャンルがあります。リズムをいかに刻んでいくかという、ダンスよりも楽器演奏に近い本来のスタイルの「リズムタップ」、ブロードウェイや劇場で必要とされる華やかな動き、ジャズダンスの要素が取り入れられた「シアタータップ」があります。

リズムタップは、とにかくどれだけ細かく複雑なリズムを刻めるかがポイントで、上半身の動きというのはほとんどありません。それに反してシアタータップは、複雑なリズムよりもステージ映えする上半身の動きが入ってきます。ですから、同じタップダンスと言えども、リズムタップの上級者がシアタータップをまったく踊れなかったり、シアタータップの上級者がリズムタップにまったくついていけないなんてことも珍しくないのです。

以前までは、シアタータップの需要が多かったのですが、昨今ではリズムタップの方が需要が高まっているようです。いずれにしても入り口は同じですので、まずは基礎を身につけて、進めていくうちにどちらのスタイルが自分に合っているか決めるとよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

知る人ぞ知る1月22日の〇〇の日・〇〇記念日

2020年1月も残り3分の1となりました。 そんな1月22日は色々な記念日があります! 知る人ぞ知る記念日を…

たまに発症するその頭痛にも種類がある!?手遅れにならないようどのタイプか知っておこう

片頭痛・群発頭痛・緊張型頭痛これらが、いわゆる「頭痛持ち」の頭痛。専門的には機能性頭痛と呼ばれています。頭の…

8月7日は〇〇の日!知っているあなたは凄い!

真夏です! 今年の夏はいつもの夏とは違う感じですね。 もう味わう事がないかもわからないこんな夏の8月。 いろ…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。