はじめに

なかなか寒いと運動しないことのほうが多いですよね。
しかし、ダイエットなどで冬場にも運動することがありますね。
夏場などは熱中症に注意したりしますが、冬場の運動はどんな事を注意すればいいのかを少しですが紹介したいと思います。

冬の運動の注意点

冬は寒冷の影響で体温の発散を防ぐために血管が収縮して血圧が上がりやすくなり、心臓への負担が大きくなります。暖かい室内から寒い屋外へと移動した際の血圧の急激な変動によって心臓の血管が過剰に収縮して心筋梗塞の原因となることもあります。

 寒いと筋肉も収縮して硬くなりやすく、柔軟性が低下するため、筋肉や靭帯、腱などの損傷も起こしやすくなります。

寒い冬には気温の変動が少ない屋内での運動を行うことや、外へ出る時は朝・夜の冷え込む時間は避け、できるだけ日中の日が射す暖かい時間を選択して十分に防寒し、身体への寒冷刺激の影響を少なくしましょう。運動前にはストレッチや体操などの準備運動をしっかりと行い、身体を温めて筋肉の柔軟性を確保することが大切です。

汗の対処

冬場は空気が乾燥しやすく気づかない間に身体から水分が失われやすくなります。夏は汗をかくことで水分が体から失われていることに気づきやすいですが、冬は汗をかきにくいため、なかなか自分が水分不足になっていることに気づきにくく、運動する際も水分摂取を怠りがちです。冬場でも、身体の中の水分は失われていっているので、こまめな水分補給を忘れずに行いましょう。特に高齢者や高血圧などの持病がある方は脱水を起こしやすくなるので、意識して水分摂取を行なうことが大切です。寒い冬の屋外では、汗で湿った衣服を着たままにしていると、体熱が奪われて身体を冷やす要因となります。汗をこまめに拭き取ることや、吸汗速乾素材の衣服を着用するなどして身体を冷やさないように注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

実は美容に効果あり!? 日本酒が持つ美容効果とは?

知ってましたか?! 日本酒には美容効果が実あったんです。 中々知られていない日本酒の美容効果とは?!

意外と知らない落し物のお礼とは?

拾得者と落とし主の氏名等の告知ルールについて 報労金の受渡しには、拾得者・落とし主の間において双方の氏名や…

知る人ぞ知る1月20日の〇〇の日・〇〇記念日

2020年1月も3分の2となりました。 そんな1月20日は色々な記念日があります! 知る人ぞ知る記念日を紹介…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。