バスケットボールには5つのポジションがある

バスケットボールのポジションは5種類存在します。

・ポイントガード(PG)
・シューティングガード(SG)
・スモールフォワード(SF)
・パワーフォワード(PF)
・センター(C)

チームによっては同じポジションの選手を複数入れる場合もありますが、基本的に各ポジション1人ずつの計5人がバランスの良いメンバーとされています。

背番号とよく混同してしまうのですが、バスケットボールでは背番号以外にも、ポジションごとに番号が付けられています。

ポジションごとの番号は以下のようになっています。

1番 ポイントガード
2番 シューティングガード
3番 スモールフォワード
4番 パワーフォワード
5番 センター

ポイントガードとシューティングガード

ポイントガードは、ボールを持つ機会が最も多いため、一番大事なポジションとも言われています。一番重要な役割が「オフェンス時にチームに指示を出し、得点シーンを作る」ことで、そのため、素早く攻めるのか、それとも落ち着いて1本攻めるのかを試合の展開を見極めて瞬時に判断する、判断能力が必要になります。

シューティングガードはポイントガードと同じ役割を担う場合もありますが、一般的にはスリーポイントシュートが得意だったり、ドライブが得意だったりと、得点能力の高い選手が多いです。

スモールフォワードとパワーフォワード

ドリブルで相手を抜いて得点をしたり、外角からシュートを放ったり、速攻やリバウンド争いにも参加したりなど、様々な状況に対応していくのがスモールフォワード、パワーフォワードなどのフォワードの役割です。

また、1on1を多用する選手や、シューターとしてスリーポイントシュートをたくさん打つ選手、相手のエースを守備で抑える選手など、個性豊かな選手がフォワードのポジションには存在しています。

スモールフォワードとパワーフォワードはプレーするエリアや位置が違うため、このように異なった名前が付けられています。

ポイントガードやシューティングガードと同じ、アウトサイドでプレーをするのがスモールフォワード、センターと一緒にインサイドでプレーをするのがパワーフォワードと区別されています。

センター

「チームの大黒柱」とも呼ばれるセンターというポジションは、ポイントガードと同じくらい、勝敗に関わる重要なポジションと言われています。

リバウンドやディフェンス、ポストプレーなど、インサイドにおける攻め、守り、を担当するのがセンターです。

相手との接触が非常に多いポジションで、身体の強さだけでなく、身長の高さも求められるポジションです。

関連するまとめ

プレイオフの匂いがしてきてた3月!現在の順位は?〜イースタンカンファレンス編〜

NBAシーズンも残り20試合ほどになってきました。 プレイオフ争いにも熱が出てくるこの3月。 現在の順位はど…

苦悩と復活: NBA選手の逆境克服の物語

コービー・ブライアント、バスケットボール界の伝説的な存在。彼のキャリアは数々の挑戦と逆境で満ちていましたが、…

Bリーグ【シーホース三河】

龍のように強く、勇ましく成長して欲しいと言う願いが込められている。