緑黄色野菜

「緑黄色野菜」が豊富に含んでいるβカロテンは、体内でビタミンAに変わり、皮膚の健康をサポートしてくれます。角質層に存在する天然保湿因子を増やすことで肌の水分量を保ち、バリア機能を正常に整えてくれます。

βカロテンは、にんじん、小松菜、ほうれん草、かぼちゃ、ニラ、ピーマンなど、色鮮やかな野菜に多く含まれています。油を使った調理法だと吸収率がアップするので、野菜炒めや、オイルドレッシングを使ったサラダなどを取り入れると良いでしょう。

青魚

サバやイワシなどの「青魚」には、皮膚の材料になるタンパク質と、細胞膜を作るオメガ3系の必須脂肪酸が豊富です。肉類に比べる食べる機会の少ない青魚ですが、乾燥肌を防ぐためにも食べておきたい食材です。

できることなら、新鮮な青魚を生で食べるのがベスト。難しい場合は、手軽な水煮缶でも大丈夫です。皮や煮汁にも栄養が含まれていますので、できるだけ丸ごと食べるようにしましょう。

レバー

「レバー」には、ビタミンAとタンパク質、そして皮膚の健康を守るビタミンB2が豊富なので、乾燥肌対策に効果的です。ただし、ビタミンAの過剰摂取は、かえって体調不良を招いてしまうこともあります。特に妊婦さんは、赤ちゃんの成長に悪影響を与える可能性があるので注意が必要です。

レバーに含まれるビタミンAは吸収率が高いため、食べすぎは禁物です。週に1回食べるくらいがちょうどよいそうです。

納豆

「納豆」には、タンパク質やビタミンB群、大豆イソフラボンなど、皮膚のうるおいを保つために必要な栄養素が詰まっています。特に大豆イソフラボンは、コラーゲンの生成を促す女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、積極的に摂りましょう。ただ、過剰摂取は禁物です。1日1パックを目安にしましょう。

ナッツ類

「ナッツ類」に含まれるビタミンEは、血行を促して肌の代謝を助けてくれます。糖質量が少ないため、ダイエット中の方にもオススメです。キレイになるために、おやつに積極的に取り入れてみましょう。

ナッツの中でも特に栄養が豊富な、くるみ、ピスタチオ、アーモンド、ピーナッツ、ヘーゼルナッツが効果的です。

しっかり食べて、身体の内側から対策しよう!

「乾燥肌」対策には、体の内側から働きかけることも大切で、食べる物も重要になってきます。上記の食材を積極的に摂り入れて、冬が来る前からしっかり対しておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

イチゴの栄養と効果をご存じですか?

今が旬のイチゴは色々な効果があるので、ただ美味しいだけではないんです。先端が一番糖度が高いようですが皆さんは…

寝る前にお酒を飲む「寝酒」、実は睡眠に悪影響も?

寝つきを良くするために、「寝酒」をする方は少なくないそうですが、実は良質な睡眠をとるためには、悪影響を及ぼす…

「カルシウム」を取りたい!でも、牛乳が苦手、、、どうする?

身体に大事な栄養素である「カルシウム」は、日本人にとっては昔から不足しがちと言われています。カルシウムが豊富…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。