はじめに

今回は捻挫をした時の対処法を紹介したいと思います。
捻挫と聞く軽く感じる方はいませんか?
放っておけば治るような考えを持っている方はいませんか?
捻挫もケガの1つです。
今回はそんな捻挫の対処法を少しですが紹介したいと思います。

捻挫とは

捻挫とは呼んで字のごとく「捻る(ひねる)」「挫く(くじく)」ことです。関節に不自然かつ強い力がかかって、靱帯(じんたい)が損傷した状態を指します。足首、手首、指の付け根、肩、ひざなど、関節のある部分ならどこでも起こりえます。そのうち、スポーツ活動中に最も頻発するのが足首の捻挫。ジャンプからの着地や切り返し動作、他の選手との接触プレーなどの場面で多く発生します。
足首捻挫は、足首を内側に捻って生じる内反捻挫と、外側に捻って生じる外反捻挫の大きく2種類に分けられます。足関節の構造上、足裏が内側に向く内反捻挫がおよそ9割を占めるといわれ、その多くは外側くるぶし周囲にある靱帯の損傷です。また、バレーなどの競技で多く発生する突き指も捻挫のひとつです。そのほか、交通事故の代表的なケガである頸椎捻挫(むちうち症)、腰椎捻挫(ぎっくり腰)などがあります。

対処法

捻挫の主な症状は、痛みと腫れです。靱帯の損傷具合によって、次の3つのレベルに分類されます。
・レベル1:腫れも痛みも軽く、一時的に靱帯が伸びている状態
・レベル2:靱帯の一部が切れている状態
・レベル3:靱帯が完全に切れており、関節が不安定な状態
靱帯は関節を構成する骨を固定する役割があるため、緩んだり、切れたりして機能をはたせなくなると、歩行などの動作に支障をきたします。
捻挫した場合は、応急処置として患部を氷のうや冷たいタオルで冷やし、炎症を抑えます。関節が動かないようしっかり固定して、むやみに動かさないようにしてください。
通常は数日から1週間ほどで治りますが、治療を怠ったり、間違った処置を行うと、治りにくくなることがあります。完治するまでは、運動やマッサージを控えて、安静に過ごしましょう。温めると逆効果になるので、受傷後2、3日は入浴を控えるのが賢明です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

生ハムの栄養価

生ハムと言うとおしゃれで高級なイメージがありますね。 ワインに合わせておつまみに生ハムを食べたり、生ハムとメ…

大人気スーパーフードの種類と効果

ここ数年で一気に知名度が増した『スーパーフード』 そもそもスーパーフードとはどんなものを言うのでしょうか?

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。