深い呼吸でカラダに溜まった「悪い気」を吐き出そう!

意識的にカラダに溜まった「悪い気」を吐き出すことで、「気」の巡りが良くなります。

おすすめなのが、呼吸によるデトックス。
ストレスも悪い気が滞ることで引き起こされます。ストレスが溜まると無意識についてしまう“ため息”も実は、カラダが「悪い気」を吐き出したいという本能的な反応のひとつで、吐く息と共に「悪い気」は外へ出ていってくれます。

①まずは、体中の「悪い気」をすべて吐き出すようなイメージで、ゆっくり、そしてしっかり空気を吐き出しましょう。
②それから、今度は「良い気」をカラダ全体に巡らせるような気持ちで、鼻からゆっくり、深く、吸い込んでいきます。胸だけでなくお腹の中まで、そしてそれがカラダのすみずみまで行きわたるようなイメージで行うのがポイントです。

このような深い呼吸を数回繰り返すことが、「悪い気」のデトックスにつながっていきます。

空気のキレイな朝や落ち着いた夕方、また水辺での呼吸もおすすめです。滝行に代表されるように川や海など水の流れる場所は、「邪気」を流すといわれ、「悪い気」を吐き出すのに最適です。時間がある時にリラックスもかねて訪れてみてはいかがでしょうか。

心地よい香りと共にココロのリラックス時間を

良い香りを嗅ぐとココロが休まりませんか?
アロマオイルやハーブティーのように、良い香りは気の巡りを良くし、カラダをリラックスした状態へ導いてくれます。芳香浴を楽しんだり、香りの良い入浴剤をプラスしたり、寝る前にハーブティーを入れて一息ついたり。1日5分だけでも、香りと共にココロのリラックス時間を作ることで、気の巡りが良くなります。

どうしても時間の取れないあなたには香りのハンカチがおすすめです。ハンカチにお好きなアロマオイルを1滴たらすだけ。煮詰まった時やイライラした時にハンカチの香りを嗅いでリラックスしましょう。

<おすすめアロマオイル>
・イライラなど高揚した気持ちを抑えたいときに
「イランイラン」、「クラリセージ」、「サンダルウッド」の香り

・元気を出したい、リフレッシュしたいときに
「オレンジ」、「グレープフルーツ」、「ベルガモット」などの柑橘系

・リラックスしたいときや寝る前に神経を落ち着かせたいときに
「ラベンダー」、「ネロリ」、「ローズ」などの香り

<おすすめハーブティー>
・イライラしたとき
「ラベンダー」、「リンデン」、「レモンバーム」、「ローズ」、「カモミールジャーマン」など

・気持ちが塞いでくよくよしたとき
暗いココロに明るさを取り戻してくれる「セントジョーンズワート」

・イライラやくよくよでなかなか眠れないとき
寝る前に飲むと気持ちも落ち着いて眠りやすくなる「パッションフラワー」、「バレリアン」

好む香りは気の状態によって変わってきます。昨日は心地よく感じたのに今日は苦手に感じたり…なんてことも。その時に心地よいと思うもの、欲するものを使うのがベスト。違う香りをいくつか持っておいて、その日の気分によって使い分けるのがおすすめです。

酸味はあなたの強い味方!

イライラすると酸っぱいものが欲しくなった経験はありませんか?実は漢方では、気が乱れたときには酸味のものを積極的にとるよう推奨しています。酸味の中でも特におすすめなのが柑橘類のような程よい酸味です。

<おすすめ柑橘類>
「オレンジ」や「グレープフルーツ」は勿論のこと、日本古来の「ユズ」や「スダチ」、「カボス」など

いつもの料理に果汁や擦り下ろした皮をプラスするだけで気の巡りが良くなります。
使い終わった皮はお風呂に入れてアロマ風呂として楽しむのも良いですね。

忙しいあなたには手軽なユズ茶やマーマレードはいかがでしょう。ハーブティーにマーマレードを入れると美味しいだけでなくダブルの効果が狙えます。その他、程よい酸味のハイビスカスやローズヒップのハーブティーや最近流行の飲むお酢などもとてもおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

東南アジアの植物サラシアとは?

サラシアは、インドやスリランカなど雨の多い亜熱帯の森林に自生するニシキギ科サラシア属のつる性低木です。

熱中症は暑くなり始めが一番なりやすいので要注意

もうすぐやって来る夏の季節。 毎年暑くなると、熱中症予防を呼びかける事が多いですよね もちろん真夏の暑い時も…

夏にオススメの飲み物と、夏は避けたい飲み物

夏の水分補給には「ミネラル」と「ノンカフェイン」がポイントです。

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Yuta

筋トレ、走ること、食べることが好きです。