食事でしっかりとれていれば、「水」でも大丈夫!

普通に食事をしていれば、塩分も十分に取れているので、日常生活における水分補給は「水」だけでも十分なんだそうです。

ポイントは胃の働きを低下させないよう、コップ1杯程度をこまめに分けて飲むことです。また、冷たすぎる水は胃に負担がかかるだけでなく腸を刺激することで下痢となる可能性もあるので5~15℃ほどの水を飲むのがオススメです。

赤ちゃんや子供には、ノンカフェインのものがオススメ!

日本の夏と言えば「麦茶」ですが、健康のためにもオススメの飲み物でもあります。麦茶の香ばしい香りの成分であるピラジン類は、血流を良くして疲労回復にも良いため、スポーツ時の水分補給にも適しています。そして何と言ってもカフェインやタンニンが含まれていないので、赤ちゃんの熱中症対策にも向いています。

カフェインが含まれている緑茶等を摂取すると利尿作用が働き、水分を余計に体外に排出しまう恐れがあるので、ノンカフェインがオススメの飲み物になります。

また「ルイボスティー」もオススメで、これはマメ科の針葉樹であるルイボスの葉を発酵、乾燥させた茶葉で淹れるお茶です。抗酸化作用なども認められているルイボスティーには、ナトリウムやミネラルが豊富に含まれているため熱中症対策には打ってつけのお茶というわけです。またノンカロリーでノンカフェインであるため、子供の熱中症対策にも利用できます。

運動や入浴で汗を流した時は「スポーツ飲料」!

汗をかくと塩分も失われるので、運動や入浴など発汗した後にオススメなのは、ナトリウムを含む「スポーツ飲料」です。ただしカロリーが高く、糖分や塩分も多めなので、特に制限のある方は飲み過ぎには注意です。

スポーツ飲料を2、3倍に薄めたものや、ハイポトニック飲料の方が体に浸透しやすいため、こちらのほうが熱中症対策としてはよりオススメなんでです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

夏バテはこの食材で乗り切ろう!

最近疲れやすい。体がだるい。食欲が沸かない。頭痛やめまいがする。 もしこんな症状が現れたとしたらそれは夏バテ…

腸が健康だと風邪をひきにくくなる!腸内環境を整えて「免疫力」をあげよう!

体調を崩しやすい季節でも、毎日を健康に過ごすために鍵を握っているるのが「免疫力」。このために腸内環境を整える…

アゴだしの栄養や効果とは!?そもそもアゴだしとはを調べました!

アゴだしって聞いたことありますか?話によると美味しいだしらしいですよ。そこでさっそく調べてみました。

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。