工芸品のお土産に、手作りの櫛はいかがですか?色んなお土産店で取り扱われている櫛ですが、中でも「譚木匠」では天然木や動物の角など、様々な素材から作られたバリエーション豊かな櫛を販売しています。

繊細な透かし彫りの櫛や、優美な花柄がペイントされた櫛は、まるで美術品のよう。値段も普段使い用のお手頃のものから、とっておきの高級品まで幅広いので、お土産にピッタリのものが見つかること間違いなしです。花鳥画のようなパッケージも美しく、女性にはかなりおすすめのお土産です。

兵馬俑の置物

西安にある世界遺産の兵馬俑坑。そこにある兵馬俑とは、古代中国で死者を弔う際に、死後の世界で生前と変わらない生活を送れるよう一緒に埋葬された俑(人形)です。実際の兵馬俑は生身の人間のようにとてもリアルな造形ですが、このミニチュアのフィギュア”兵馬俑の置物”は4等身でどことなくユーモラス。武士俑(一般的な兵士)だけでなく、ちゃんと跪射俑(弓弩兵)、軍馬俑(馬)などの種類もありますよ。

たくさん並べるとまるで気分は始皇帝!お部屋のインテリアにしたり、オフィスのデスク周りに置いて楽しみましょう。

龍のキーホルダー

中国でよく目にする想像上の生き物”龍”。古代中国では、龍は自然史神で、雨を呼び、万物に恵みをもたらす存在です。そして、龍はあらゆる動物の頂点に立つ存在でもあり、皇帝の象徴ともされてきました。

そんな縁起の良い龍は、風水でも主役級!邪気を払い、対人関係を良くする力があると言われています。そんなパワーを持った中国の龍をモチーフにした、龍のキーホルダーをお土産に持って帰ると、良いことがあるかも?自分へのお土産としてももちろん、占いや風水が好きな方へのおすすめのお土産です。

烏龍茶

中国のお土産といえば、やっぱり中国茶。その中でも烏龍茶は飲みやすく、どなたにも喜ばれるお土産ですね。また美味しいだけでなく、動脈硬化の防止作用や、アンチエイジング効果があると言われています。

中国では幅広い種類の烏龍茶が販売されていて、日本でも知られている”鉄観音”から、際立つ香りと甘さが魅力の烏龍茶の王様 ”大紅袍(だいこうほう)”まで、価格や発酵度、グレードはさまざま。お茶屋さんでは試飲ができるので、自分で飲み比べてみるのがおすすめです。体にも心にも美味しい烏龍茶をぜひお土産に持って帰りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

チョウセンアサガオによる食中毒とは?

元は大陸産で江戸時代に薬用植物として日本に伝来し、帰化植物として定着した。 名前にチョウセン(朝鮮)とある…

11月30日には〇〇の日がこんなにたくさんある!

11月も今日が最終日。 明日からは12月! 2019年最後の月に明日から入ります。 さてさて、そんな本日11…

大きなケガの1つの靭帯損傷。靭帯損傷とはどんなケガなのか?

膝関節は、前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯の4本と2種類の軟骨(骨の表面のツルツルした硝子…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Yuta

筋トレ、走ること、食べることが好きです。