ピーマンとパプリカの違いとは

ピーマンは南米の熱帯地方が起源の野菜だ。実はピーマン・パプリカ・ししとう・唐辛子は植物としては同じナス科トウガラシ属に分類されている。栽培品種は異なるものの、同じ種なのだ。

一般的には大型のベル型をしていて、肉厚なものをパプリカと呼ぶ。また、ピーマンも唐辛子と同じく、成熟するにつれて赤みがかってくる。つまりピーマンは熟す前の状態(未熟果)で出荷されるものであり、これを完熟させて出荷すると「カラーピーマン」と呼ばれる野菜になる。ピーマンを完熟させても唐辛子の様に辛味が出てくることはなく、逆に甘みとビタミンが増える。

パプリカは様々な食べ方があります

パプリカは生食でも加熱してもおいしく、使い勝手の良い野菜です。生のままスライスしてサラダに入れれば、彩りが加わり、見た目も華やか。また、ジュースやシャーベットにしても、甘くてフルーティーです。
加熱して食べる場合も、調理法はさまざま。油で炒めればカロテンの吸収効率が良くなるほか、熱を加えてもビタミンが失われにくいところも、うれしいポイントです。パスタやピザにトッピングすれば鮮やかな仕上がりになり、煮込み料理に使っても煮崩れすることなく、おいしく食べられます。
パプリカの甘さをシンプルに味わいたいなら、オーブントースターで皮が真っ黒になるまで加熱して、皮をむいて食べるのがおすすめ。甘みが増して、より一層おいしく感じられるでしょう。

美味しい選び方

色が鮮やかでムラがない

つやがあり色が鮮やかなもの、色にムラがないものがいいです。

へたが変色していない

へたの切り口がみずみずしく新鮮な物を選ぶ。パプリカは日がたつとへたの部分からまずい鮮度が落ちてきます。変色、乾燥したものは、腐敗し始めているので避ける。

果柄(かへい)が緑でつやハリがある

果柄の部分が緑で切り口が新しく、つややハリのあるものを選びます。果柄とは枝から果実へと延びる部分です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ナッツの効果が凄い

ナッツは手軽にポリポリ摘んで食べられて、ビールやワイン等のお酒のおつまみにもピッタリ!

冬のお風呂にはご注意!ヒートショックとは?

寒くなったこの時期こそ注意したいヒートショック。 その危険性と予防法を知りましょう。

ストレッチで疲労回復や老化防止に

「体を柔らかくしたいな…」と思っている人は必見です。 硬いままの身体で生活することは、基礎代謝の低下や血行不…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。