はじめに

寒い季節になるとインフルエンザと言う言葉を良く耳にしますね。
子供やお年寄りなどは免疫力も無かったりするのでインフルエンザにかかりやすいですね。最悪の場合は死に至る場合も。
そんなインフルエンザを予防するにはどうしたらいいのでしょうか?
今回はインフルエンザについて少しですが紹介したいと思います。

インフルエンザとは

インフルエンザ(influenza)は、インフルエンザウイルスを病原とする気道感染症でありますが、「一般のかぜ症候群」とは分けて考えるべき「重くなりやすい疾患」であります。
流行が周期的に現われてくるところから、16世紀のイタリアの占星家たちはこれを星や寒気の影響(influence)によるものと考え、これがインフルエンザの語源であると言われています。インフルエンザは、いまだ人類に残されている最大級の疫病であります。

症状

A型またはB型インフルエンザウイルスの感染を受けてから1~3日間ほどの潜伏期間の後に、発熱(通常38℃以上の高熱)、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛・関節痛などが突然現われ、咳、鼻汁などの上気道炎症状がこれに続き、約1週間の経過で軽快するのが典型的なインフルエンザで、いわゆる「かぜ」に比べて全身症状が強いです。とくに、高齢者や、年齢を問わず呼吸器、循環器、腎臓に慢性疾患を持つ患者、糖尿病などの代謝疾患、免疫機能が低下している患者では、原疾患の増悪とともに、呼吸器に二次的な細菌感染症を起こしやすくなることが知られており、入院や死亡の危険が増加する。小児では中耳炎の合併、熱性痙攣や気管支喘息を誘発することもあります。

予防法

ワクチン

インフルエンザワクチンは、そのシーズンに流行が予測されるウイルスに合わせて製造されています。インフルエンザの予防に充分な免疫を保つためにはワクチン接種を毎年受けた方が良いです。

人混みを避ける

インフルエンザが流行してきたら、特に高齢者や糖尿病などの基礎疾患のある人は、人混みや繁華街をできるだけ避けることが大切です。やむを得ず外出をして人混みに入る可能性がある場合には、ある程度の飛沫などを防ぐことができる不織布製マスクの着用が防御策となります。

適度な湿度

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保つと効果的ですね。

休養と栄養バランス

体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

言葉は知っているが、意外と知らない椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨の間にある椎間板というものの一部が飛び出して神経に当たり、手足の痛み、しびれ…

動物のあの行動には実は理由があるって知ってた? 犬の特性③

犬と人が共に生活するうえで、犬の生態・習性を知ることはとても大切なことです。 間違った飼い方やトラブルを回避…

お風呂にプラスアルファで入浴剤を!!そんな入浴剤がもたらす効果とは?

日本は世界でも有数の温泉国であり、古くから人々は天然の温泉を利用して病気やけがの治療に、健康保持増進にと役立…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。