誰が言ったか謎ですが、夏といえばカレー!
暑いなか汗を垂らしながら食べるカレーは格別に美味い!!!

ビーフカレー・ポークカレー・チキンカレー・シーフードカレーなどカレーの種類は豊富です。
その中でも、体にとっていい影響を与えてくれ、カレーとの相性抜群の食材を紹介していきたいと思います。

隠し味としてCMでもお馴染みリンゴ

日本ではカレーライスに肉やタマネギ、ジャガイモ、ニンジンを入れ、人によってはナス、カボチャ、トマト等を加える場合もあり、栄養がたっぷりと含まれます!

しかしカレーライスは脂っこい上に、塩分や糖質(デンプン)が非常に多く含まれており、脂っこさの元である脂肪や塩分については、具のタマネギ、ニンジン、ジャガイモの中に含まれている食物繊維やカリウム、グリシリン等によって、排泄・分解されるので、それほど問題はありませんが、糖質については問題が残ります。
糖質は体内に入るとグルコースになり、グリコーゲンとして肝臓に貯えられます。しかし貯蔵量にも限界があり、余ったグルコースは中性脂肪となって血液を通じ体内を巡ります。

そ・こ・でリンゴが登場します!
リンゴに含まれる水溶性の繊維・ペクチンと糖質の代謝について注目されています。
ペクチンは粘度が高く、リンゴジャム等のドロドロはペクチンの働きによるものです。
ペクチンによって粘度が高まった食物は、胃から腸への移動が緩慢になり、糖質等の栄養素の吸収がじっくりと行われるため、食後に急激に血糖が上がるのを抑え、また糖と結合して、糖の吸収速度そのものを緩やかにしてくれるのです。

カレーのルーにリンゴをアピールしているCMもありますね!
美味しくなるだけではなく、体にとっても相性も抜群だったわけです!

リンゴには女性に嬉しい効果もある

リンゴにはプロシアニジンなどのポリフェノールには強い抗酸化作用があり、活性酸素を減らす作用が認められています。
シミやそばかすの原因となるメラミン色素は、活性酸素という成分が中心となり生成されているので、これを減らしてくれるリンゴには、美白効果もあるので女性にカレー×リンゴの組み合わせはオススメです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

鳥取県の地ビール「大山Gビール」

大山ブルワリーは、国立公園大山のふもと標高300mに位置します。地元農家の方にご協力いただき、原料作りから携…

山口県の地ビール「山口地ビール」

「モンドセレクション最高金賞」を受賞したスタウトをはじめ、世界が認めたクラフトビールです。まろやかで香りが良…

日本の闘牛の歴史

「闘牛」というとスペインの「闘牛」のように人と牛が闘うものというイメージがいまだに強く、牛と牛が一対一で闘う…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。