基礎代謝を上げる効果があった

朝食を食べることによって基礎代謝が上がります。胃や腸は食べ物が入ってくることによって活動を始めます。
胃腸が活発に働き始めると体温が上がり、その体温を維持するためにカラダに蓄積されていたエネルギーも使われるようになります。
基礎代謝は生命維持に必要なエネルギーですから、それを上げることはダイエットにもつながります。
そのため、ダイエットをするなら朝食は抜かないようにと言われるのです。

食欲のコントロール

朝食を抜くと、空腹に耐えられなくなって無駄な間食をしてしまったり、お昼にドカ食いをしてしまったりすることもあります。朝食を抜いてダイエットをしているつもりなのに、間食やドカ食いをしてしまっては、元も子もありませんよね。朝・昼・晩と適当な間隔を空けて食べているほうが、空腹感を感じにくく、食欲をコントロールしやすくなるのです。

集中力アップ

脳は寝ている間も活動しているので、エネルギー源であるブドウ糖も消費されています。朝起きたとき頭がボーッとするのは、脳がブドウ糖不足になっているから。そのまま何も食べなければ、頭が働かず、仕事もはかどりません。午前中からフル稼働で仕事をこなすには、朝食で炭水化物や果物を食べ、ブドウ糖を補給することが重要なのです。

朝食を抜くデメリット

朝食を抜いてしまうことで生じるデメリットもあります。午前中にぼーっとしてしまったり、イライラしたり、集中力がなかったりするという方は、もしかすると朝食を抜いていることが原因とも考えられます。

脳のエネルギー不足

脳でのエネルギー源は主にブドウ糖といわれています。ブドウ糖は大量に貯蔵することができないため、すぐに不足しがちとされています。このため、なにも食べていない朝では、脳のエネルギーは不足しています。

集中できない、イライラする

脳のエネルギーが不足してしまうと、記憶力や集中力にも影響を与えてしまいます。イライラするなどメンタル面でも影響があるとされています。

最後に

朝食が大切なのはわかっているけど、時間がないという方は、前の日の夜に朝ごはんの下ごしらえをしておきましょう。みそ汁の具を切る、サラダを盛り付けておくなどするだけで、朝の時間に余裕ができます。また、冷凍ごはんや夕食の残りをレンジで温める方法も時間短縮になります。

普段から朝食を抜いていた方はいきなりきついと思いますので、まずは野菜ジュースを飲んだり、果物を食べたりして、慣れてきたら、少しずつ食べる量を増やしていきましょう。

関連するまとめ

そら豆は料理やお酒のおつまみにもおいしく食べられる優れものです。その効果とは

春になるとマーケットでもよく見かけるようになるそら豆。お酒のおつまみからお弁当まで幅広く利用されるそら豆です…

秋の味覚。ぎんなんの栄養と効果とは?

銀杏はイチョウの木の実ですが、イチョウは中国が原産といわれており、なんと2億年以上も前から地球に存在するとて…

健康な腸は睡眠から!睡眠環境を整える夜の「腸活」!

なにかと「腸活」が話題になっていますが、腸は睡眠と深い関係があるため、夜に行う「腸活」が重要なんだそうです。…

関連するキーワード

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

アンケート特集

みんなはどう思っている?