眼精疲労の原因

仕事やプライベート、移動中の電車やバスなどでも、長時間PCやスマホの画面を見続けると目は疲れてしまいます。
物を見るためには、毛様体筋(もうようたいきん)が伸縮することによって水晶体がその厚さを調整して、見るものへのピントを合わせています。
パソコンやテレビなど主に液晶画面をずっと見つめることで、毛様体筋はその間中緊張状態が続き、非常に疲弊した状態になるそうです。
そして、ビタミンAが不足することによって、網膜の機能が低下しますので、夜間や薄暗い場所で見えづらくなることがあるそうです。

目の疲れを取る食べ物

・アントシアニン
目の疲れを予防したり改善するためには、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが有効です。アントシアニンは目のサプリメントなどにも利用されている栄養素で、抗酸化力が非常に強く、活性酸素から目を守り、目の機能を高めてくれます。
アントシアニンは、ブルーベリーやビルベリー、カシス、小豆などにも含まれています。

・ビタミンA
βカロテンを多く含む緑黄色野菜を摂ると良いそうです。人参や、かぼちゃにはβカロテンが非常に多く含まれています。
食品中のβカロテンを体に取り込むと、体は必要に応じてβカロテンをビタミンAに変換します。
ビタミンAは角膜や網膜の細胞を形成する材料となり、その働きを高める作用があります。ビタミンAは野菜類だけでなくうなぎやレバーにも非常に多く含まれています。
・ビタミンB1、B2
視神経の働きを活性化し、筋肉の疲労を改善する働きがあります。ビタミンB1、B2が多く含まれる食材は、豚肉、レバー、牡蠣、あさり、バナナ、にんじん、にんにく、ごま、ピーナッツなどです。

・ルテインとゼアキオンチン
目の水晶体にはルテインとゼアキサンチンいう物質が含まれいて、光による目の損傷を防ぐという非常に大切な働きをしています。
ルテインはカロテノイドの一種で、緑の濃い葉野菜・ほうれん草やケールなどに多く含まれています。また抗酸化作用も強く網膜の酸化も防いでいます。ゼアキサンチンはかぼちゃや、クコの実、マンゴーなどに含まれています。

パソコンやスマホゲームに夢中になっていると、ついついそのまま続けてしまいがちになりますが、目を休ませる時間を取った方が良いですね。
ちょっと伸びをしたり、目の体操をしたり、目の状態によっては温めたり冷やしたりしても良いみたいですよ。
栄養補給も大切ですが、意識的に目を使わない時間を作って目を休ませてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

夏こそお風呂!体をあたためて、夏バテ予防

暑いからと入浴をシャワーですませていませんか。夏バテ予防には、お風呂に入ることも1つの手なんですよ。その理由…

肩こりについて

私は無縁ですが、辛い人もいますね

名わき役、しそを知ろう

刺身に添えてあったり、刻んで薬味に使ったり、名わき役ですよね。

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です