大豆で摂取するよりも優れた栄養素を持つ「味噌」

大豆を発酵させて作られる「味噌」は、発酵することで大豆に含まれる少量のアミノ酸やビタミン類が大量に作られ、大豆で摂取するよりも優れた栄養を持っています。

豆と麹・塩を原料とし、タンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラル等を豊富に含んでいる「味噌」は、ペプチド・アミノ酸のタンパク質や、イソフラボン、サポニン、酵素、食物繊維、リノール酸など健康に良いとされる栄養分も多く、積極的に摂取したいものなんです。

「味噌」は発酵していることから、通常の大豆にはない酵母や乳酸菌などの栄養素を含み、更に体内へ栄養を吸収しやすいと言われています。塩分が高めという点は注意したいですが、カロリーや脂質は低く、健康面以外にダイエットや美容面でも効果的です。

「味噌」の優れた効果効能!

老化を防ぐ!

過酸化脂質と呼ばれる物質が体内で増えるといわゆる老化が促進されますが、味噌に含まれるビタミンEやイソフラボンの抗酸化作用により、老化を防ぐことが出来ると言われています。
また、味噌に含まれるサポニンや味噌の褐色の色素には、酸化を抑える働きがあることを期待されています。

ダイエットに効果的!

食物繊維は腸内を綺麗にしてくれるので便秘解消につながり、ダイエット効果が期待されます。他にもコリンという成分が含まれ、コリンには肝機能を高める働きがあり、肝臓に脂肪が蓄積されるのを防いでくれます。脂肪肝で悩む方におすすめの栄養素です。

また、大豆に含まれるタンパク質のひとつであるβコングリシニンには、血中の中性脂肪を低下させる働きがあるとも言われています。

コレステロールの抑制!

味噌の主原料である大豆にはサポニンが含まれています。このサポニンはコレステロールの上昇を抑制する効果があると言われています。
また不飽和酸であるリノール酸と大豆レシチンにも、血中コレステロールの上昇を抑える効果が期待できます。

美白効果!

味噌に含まれるリノール酸には、しみ・そばかすの原因であるメラニンの生成を抑制する働きがあると言われています。

「味噌」の一番効果的な摂取方法は、、、

日常生活で積極的に味噌を取り入れる方法は「味噌汁」がオススメですが、味噌の栄養をしっかりと壊さず摂るためには、沸騰させないようにするのが良いそうです。「味噌」は50度以上に加熱をすると栄養素が破壊されてしまいますので、味噌を溶く際は、一度温度を下げてからにしましょう。

お味噌汁の具にカリウムを多く含む緑黄色野莱や海藻を組み合わせると、ナトリウムを外に排出する働きをしますので、味噌の塩分が気になる方にオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

一年中楽しめるもつ鍋の魅力

もつには、必須五大栄養素のうち、ミネラルや必須アミノ酸が多く含まれており、そしてコラーゲンも多く含まれていま…

春先から急増する「紫外線」!夏前からしっかり対策しましょう!

昨今は地球温暖化やオゾン層が破壊されていることから、「紫外線」の量や強さが昔の比ではないそうですね。しっかり…

皆さん、朝食を食べてますか?朝食を食べると素敵な効果がありますので紹介します

一般的に「朝食を食べると頭が働くようになる」「朝食べた方が太りにくくなる」と言われており、農林水産省もしっか…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。