人の免疫力とは

私たちの身の回りには、目に見えない細菌やウイルスが無数に存在しています。普通に支障なく健康的に暮らしていけるのは、私たちの体内で免疫力が働いているから。身体に害を及ぼす細菌やウイルスの侵入を防いだり、体内で発生したがん細胞を死滅させるなどして自己防衛機能の役割を果たすのが、人間に備わっている免疫なのです。

免疫力において重要な役割を担っているのが免疫細胞です。免疫細胞にはさまざまな種類があり、ウイルスの侵入を発見し、ただちに攻撃をしたり、体内に害を与える侵入者がいないかパトロールしたりするなど、免疫細胞によって、役割分担をしているのです。互いに連携することで日々、外敵と戦っており免疫のおかげで、私たちの身体が守られ、健康を維持することができるのです。

自然免疫とは

免疫には、マクロファージやNK細胞のような「自然免疫系」と、T細胞やB細胞のような「獲得免疫系」があります。自然免疫とは、身体が生まれつき持っている免疫で、病原体などの外敵が体内に侵入すると、まずこの自然免疫系の免疫細胞が攻撃をしかけます。相手を特定せずに、どのような外敵にも無差別に攻撃をしかけることから「非特異的免疫」とも呼ばれています。

自然免疫細胞は、まっさきに攻撃をしかけるだけでなく、その最初の攻撃で対処できなかった外敵の情報を獲得免疫細胞に伝える情報伝達役としても働きます。

獲得免疫とは

身体が生まれつき持っている自然免疫では外敵から防衛しきれないとき、次に応戦しにくるのが高度な免疫反応を持つ獲得免疫です。

侵入してきた外敵に対し、自然免疫は無差別に攻撃を仕掛けますが、獲得免疫は、その敵に応じて、武器(抗体や感作Tリンパ球)を生成し、攻撃をする能力を備えており、特異的免疫とも呼ばれています。

獲得免疫の中でもB細胞やT細胞が、一度侵入してきた病原体を記憶し、再びその病原体に感染したときに抗体や感作Tリンパ球(記憶を持つTリンパ球)で、退治しにやってくるのです。つまり、獲得免疫は病原体と今まで戦った情報を記憶し、再度同じ病原体が侵入しても、病気にかかりにくくなるという抗体をつくる役割を担うキーパーソンなのです。

免疫力の低下について

人間にはあらかじめ免疫が備わっており、通常ではあれば病気にかかりにくいのですが、外的要因によって免疫力が低下する場合があります。

近年、仕事の多様化や生産性が求められることで、仕事でのストレスや、不規則な生活習慣など免疫力を下げる外的要因にさらされる機会が多い傾向にあります。そのため、高齢者に限らず、若い年代でも、現代型免疫低下と呼ばれる免疫力低下が原因で病気にかかることが増えています。

高齢者はもちろんのこと、ストレスを受けやすい環境にいる若い年代の方も、免疫が低下しやすく感染症にもかかりやすいので十分な注意が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ギックリ腰予防の運動

しっかり予防する為の運動についてです

血液サラサラ効果が凄い!「たまねぎ」

血液サラサラ効果の高い食べ物といえば「玉ねぎ」!血液をサラサラにする成分が豊富に含まれています玉ねぎの効果と…

頭痛の種類と解消方法

頭痛にもタイプがあります。 タイプによって病状・改善方法も変わってきます。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。