カラオケの消費カロリーがとても凄い

ストレス発散して楽しいカラオケ。
実はとってもダイエットに最適なのです。
何故かと言うと、歌うごとに消費カロリーがとても高いからです。
実際どのぐらいカロリーを消費するのでしょうか。
曲によっては、何と1曲当たりの消費カロリーが、20kcalにもなります。これはウォーキング10分程度の消費量に相当します。10曲歌うと、ジュース1杯程度のカロリーが消費できるというから驚きです。
だからこそたくさんカラオケで歌う事がダイエットに良いということなのです。

たくさんカロリーを消費するために、心がけたいこと4つ

カラオケではどんな風に歌ってもある程度カロリーは消費しますが、やはり効率よくダイエットを行いたいもの。たくさんカロリーを消費するには、どうすればいいのでしょうか。以下にまとめました。

①腹式呼吸で声を出すと、消費カロリーがアップ!
カラオケダイエットで最も意識すべきなのは、お腹から声を出す腹式呼吸です。
普段の呼吸は胸式呼吸で、息を吸う時に肩が上がりますが、腹式呼吸は横隔膜を使い、お腹で息を吸う方法です。腹式呼吸かどうかを確認するには、お腹に手を当てて息をしてみるとよいでしょう。膨らんだり引っ込んだりするので分かりやすいですね。
腹式呼吸は内蔵に刺激を与えるため、血流がよくなり代謝が上がるほか、お腹周りの筋肉を使うために引き締め効果もあります。また、歌唱力の向上にも繋がるので一石二鳥ですよ。

②歌唱時間(発声時間)が長い曲を選ぼう!
曲によっては消費カロリーが10kcalしかないものもあれば、20kcalを超える曲もあります。その違いは歌唱時間の違いにあります。
一言に歌唱時間と言っても、長ければいいというわけではなく、間奏が短く、高らかに歌い上げるような曲の方が、消費カロリーが高い傾向にあります。

③できるだけ立ったり、踊りながら歌おう!
座って歌うよりも、立って歌った方が背筋や腹筋を使うため、消費カロリーも高くなります。踊ったり、身振り手振りをつけると、さらにダイエットには効果的。その場も盛り上がりそうですね。
もし座って歌う場合は、少し前傾姿勢で背筋を伸ばし、腹筋を伸ばすよう心がけましょう。立っている時も座っている時も、猫背にならないようにしてくださいね。

④大きく口を開ければ、顔痩せ効果も!
歌う時は大きく口を開けることを心がけてください。口角の周りに筋肉がつき、ほうれい線などを刺激して小顔効果が期待できます。
さらに、心を込めて歌い上げれば、口元だけでなく目元など顔全体の表情筋が鍛えられますので、若く見られるようになりますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ダイエット中でも食べてもOK!焼き芋のスゴイヒミツ

寒くなると食べたくなる焼き芋❤︎ 栄養満点最高のスイーツです

今年はカリフラワーダイエットに注目

低カロリーで低糖質の上に、ダイエット効果の高い栄養も摂れカリフラワー。米の代わりにカリフラワーライスにするカ…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

tokotoko

トコトコとコツコツとやっていきます。