続けることが大事!1ヶ月間縄跳びダイエットとは

1ヶ月間縄跳びダイエットとは、全身運動である縄跳びで全身をバランスよく鍛えながら痩せるダイエット法です。縄跳びは、跳躍・着地の動作は下半身の筋肉のほとんどを使うため、太ももやふくらはぎの引き締めに効果的です。

さらに、縄跳びは同じ位置で正しい姿勢を維持しながらジャンプを続ける必要があり、自然と体幹が鍛えられ、縄を回す動作では、二の腕や背中の引き締め効果も期待できます。

縄跳びダイエットは有酸素運動の中でも運動効率が良く、短時間の運動で高い脂肪燃焼効果を期待できます。

有酸素運動は脂肪を燃料とし、LDLコレステロールと呼ばれる人間の体内にある脂質や中性脂肪、体脂肪を減らすことが可能です。

縄跳びダイエットは有酸素運動に分類され、20分以上行うことで脂肪燃焼効果が期待できます。体重60kgの人が20分間縄跳びをしたときの消費カロリーは、約184〜258kcalです。

同じ条件でランニングをした場合の消費カロリーは約140〜196kcalで、縄跳びダイエットはランニングよりも高いカロリーを消費できます。

1ヶ月縄跳びダイエットの効果

縄跳びダイエットは有酸素運動であるため、脂肪を燃焼させる効果が期待できます。筋力アップの効果もあり、全身の引き締め効果も抜群です。

さらに骨密度アップや心肺機能の強化もでき、とても健康的なダイエット法です。

脂肪燃焼効果

脂肪を燃料とする有酸素運動は、効率的に脂肪を燃焼することが可能です。縄跳びダイエットは有酸素運動に分類され、高い脂肪燃焼効果が期待できます。

ただし、呼吸が乱れるほど縄跳びをすると無酸素状態となり、脂肪ではなく糖を燃料に変えてしまい、効率よく脂肪を燃焼することができません。人と会話できるくらいの息切れ状態を維持して、たくさんの酸素を体内に取り込むことが大切です。

筋力アップ

縄跳びダイエットは全身の筋肉にアプローチし、バランス良く筋力アップすることが可能です。跳躍・着地の動作はお尻や太ももの筋肉を使い、つま先で跳び続けることでふくらはぎの筋肉を鍛えます。

縄跳びはバランスを保ちながら跳躍し続けるため、自然とお腹や背中の筋肉を使います。縄を回す動作では、腕や手首の筋肉を鍛えることも可能です。

骨密度アップ

縄跳びの跳躍や着地の動作は、骨に衝撃を与えることで骨自身が強くなり骨密度アップに最適です。骨折するリスクを高める骨密度の低下の原因は、運動不足や加齢によりますが、縄跳びで骨が丈夫になることで予防することが可能です。骨が元気に丈夫になると運動パフォーマンスも上がることで身体能力の向上にもつながります。

心肺機能の強化

跳躍・着地の動作で一定の負荷をかけると筋力がアップしますが、同じように心肺機能も負荷がかかることで強化されます。心肺機能が強化されると空気中の酸素を効率良く取り入れることができ、運動をしても息が上がりにくくなります。

息が上がらなければ疲れも感じにくいため、持久力もアップします。さらに、心肺機能が強化されることで血液の巡りが良くなり、冷え性を改善することも可能です。

1ヶ月縄跳びダイエットのやり方

1ヶ月縄跳びダイエットは、基本的に前跳びで行います。縄の長さが自分に合っていなかったり、間違ったフォームで行なったりすると、本来アプローチしたい部位に効果を感じられないことがあるため、注意しましょう。

縄跳びで効率的に脂肪を燃焼させるには、ジャンプを継続する時間や回数も重要です。

前跳びの基本のフォームは、脇を締めて肘を垂直に曲げ、手首のスナップでロープを回すことです。膝を曲げずにつま先だけで跳躍・着地の動作を行い、一定のテンポでリズム良く跳びましょう。

1ヶ月縄跳びダイエットを成功させるには、長い時間縄跳びを続けて脂肪を燃焼させなければならないため、正しいフォームを身につけることが重要です。

縄跳びをする時間

縄跳びダイエットは20分以上行うことで脂肪燃焼効果を期待することができます。ですが、日頃運動をしていない人がいきなり20分以上跳び続けることが難しいです。

最初は10分跳ぶことを目標にし、間に休憩を挟みながら2分間の前跳びを5セット行いましょう。慣れてきたら1回で跳ぶ時間を徐々に増やし、休憩する時間を減らします。1ヶ月で結果を出さなければならないため、多少辛くても頑張りましょう。

1分間のジャンプ回数

1秒に1回のリズムで、1分間に60回を目安にジャンプします。人と会話ができる程度のテンポで跳び続けることが大切です。

会話ができないほど息切れをする場合は有酸素運動ではなく無酸素運動となります。脂肪ではなく糖を燃料に変え、効率よく脂肪を燃焼させることができないため、注意しましょう。

関連するまとめ

寒い朝こそ!身体を温める「温朝食」で一日を元気にスタートさせよう!

朝の冷え込みが少しずつ和らいできますが、まだ油断できません。一日をスムーズにスタートさせるためにも身体を温め…