ガルシニアとは、東南アジアを中心に自生するオトギソウ科の一種で、オレンジのような大きさをしています。柑橘類に似た強い酸味が特徴的です。皮や実を乾燥させてカレーの酸味付けや魚の塩蔵保存、スパイスとして使用されることもあります。
ガルシニアを乾燥させて皮から発見された主要有用成分がHCA(ハイドロキシクエン酸)です。
主に柑橘類に含まれているクエン酸の構造と非常に似ています。クエン酸に比べ、体内で重要な働きをする酵素と結合しやすいため、体内でさまざまな働きをすることがわかりました。

ガルシニアの効果

【空腹感を抑える】
ガルシニアは、肝臓でのグリコーゲン合成を促進する働きがあるため、摂取することで血糖値が一定に保たれ、空腹感を抑える効果が期待できます。
私たちが食事をすると、エネルギー源となる糖質は主にグルコース(ブドウ糖)として吸収されます。そして、エネルギーとして使用されなかった一部のグルコースは、グリコーゲンとして体内に蓄積されます。このグリコーゲンは空腹時に血糖値が下がると、グルコース(ブドウ糖)を生成して血糖値を一定に保つ働きがあります。この働きにより、血糖値が一定に保たれて空腹感が抑制されます。

【体脂肪の蓄積を抑える】
通常、食事から摂ったグルコース(ブドウ糖)は、エネルギーとして使用されます。エネルギーとして使用されなかったものの一部はグリコーゲンに変えられますが、それ以外は脂肪として蓄積されます。
ガルシニアを摂取すると、その脂肪が作られる際に必要な酵素の働きを阻害して、脂肪合成を抑制してくれます。さらに、ガルシニアは、体内に蓄積されている脂肪酸の燃焼も促進するともいわれています。

【コレステロール値の減少をサポート】
コレステロールの原料となる成分を減少させる働きを促すことが報告されています。その他にも、脂肪酸や脂肪合成の低下による血漿中性脂肪の低下も報告されており、高脂血症の予防にも効果が期待されています。

最後に

いかがでしたでしょうか?
ガルシニアがいかにダイエットに効果的な成分かと思います。
しかしガルシニアそのものの果物を食べる事は日本では入手しにくく、食事から摂取することが難しい成分です。
そこで適量を守りながら、サプリメントなどで賢く利用してみると嬉しい効果が期待できそうです。
しかし、いくらガルシニアを飲んでいるからといって、暴飲暴食や運動不足などの要因があると効果が出ない場合もあります。バランスの良い食事、適度な運動を心がけたうえで、適量を摂るようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

パイナップルの力

マンゴーやパパイヤなど今でこそたくさんのトロピカルフルーツが日本にも定着していますが、パイナップルが一番最初…

実は二日酔いに効く!秋の味覚「柿」

秋の味覚「柿」。日本の果物といえば、柿を思い浮かべる方も多いと思います。昔はよく柿の木がありましたが、どんな…

みずみずしくシャキシャキした歯ごたえと、独特の強い香りをもつセロリ。どんな効果がある…

セロリの特徴でもある強い香りは、好き嫌いが大きく分かれる要因です。そして、やはり嫌いな野菜ランキングで3年連…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。