熱中症と間違えやすい「夏血栓」とは

この時期は熱中症対策が大事になってきますが、熱中症は気温の高い環境にいることで体温の調節がうまくいかなくなったり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたりすることで起こります。“めまい”や“ふらつき”、“意識がぼーっとする”、“体温が高い”“筋肉痛や筋肉のけいれん”などの症状があります。

この熱中症と間違いやすいと言われているのが、「夏血栓」と呼ばれるもです。「夏血栓」の原因は、汗をかくことで体から水分が奪われ、血液がドロドロになってしまうことです。その結果、血のかたまり=血栓ができて、血管をふさぎ、血流がとどこおるってしまいます。夏は暑さで皮ふの表面の血管が拡張するので、血圧が低下します。これも原因で、血液がよどんで血栓ができやすくなります。

夏の血栓はどう起こる?

そもそも血栓は、血液中のタンパク質や血小板が血管中に溜まって固まったもので、これがはがれて血液中を流れ、細い血管に詰まることでその先に血液が流れなくなるので、その先にある臓器の細胞が壊死してしまうそうです。脳の細胞が壊死するのが脳梗塞、心臓の場合が心筋梗塞、肺に起これば肺血栓塞栓症となります。冬の時期、暖かい屋内から寒い屋外に出たときなど、急激に血管が収縮して、血液の流れが速くなって、そのせいで血栓がはがれ落ちて運ばれていって、血管を詰まらせることが多いそうです。

これに対し「夏血栓」は、夏に起こりやすい血栓症です。夏の暑い時期、発汗などのより体が脱水状態となり、血液がドロドロになって、血管が詰まりやすいなります。加えて暑いからと、冷たいビールなどをガブガブ飲んでいると、アルコールの利尿作用で、体の水分がさらに失われ、血液が固まりやすくなってしまうそうです。

気温が32℃を越えると、「夏血栓」で倒れる人が増えるといいます。めまい・吐き気・冷や汗・頭痛・呼吸困難といった症状が出て、熱中症かと思って手当をしているうちに、手遅れになることがあるので注意が必要です。また、血栓が取れると症状が治まるので、安心して放置していると、再発することがあるので、医者に診てもらいましょう。

こまめな水分補給を心がける!

「夏血栓」を防ぐため、こまめな水分補給を心がけましょう。アルコールやカフェインを含む飲み物は、利尿作用があるので、夏血栓の予防には不向きです。室内にいても、エアコンのせいで肌が乾燥し、知らず知らずのうちに脱水が進行しがちです。エアコンで快適だと安心しないで、水分を取るようにしましょう。

また、睡眠中に失われる水分の対策として、寝る前に水を飲む・枕元に水を置いておいてトイレに起きたときなどに飲む・朝起きたときに一杯水を飲むなどの工夫をすると良いでしょう。

身体をしっかり動かす!

仕事などで、長時間、同じ姿勢を続けていると、血管が詰まりやすくなりますので、時々休憩を取って、軽くストレッチなどをしましょう。また、筋肉量の多い人は、体内に水分を多く蓄えておきやすいので、普段から、ある程度、筋肉を増やすトレーニングをしておきましょう。

また、高血圧症・糖尿病・脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病や慢性腎臓病は、夏血栓のリスクを高めるので、適切な治療をしておくことも重要です。

血液サラサラになる食材を取ろう!タバコは控えめに!

血液をサラサラにする食材を積極的に取りいれましょう。EPAやDHAを含む青魚、納豆や玉ねぎなどが血栓予防に良いそうです。他にもカカオの多いダークチョコレートもおすすめです。

また、タバコによって体内に取り込まれるニコチンと一酸化炭素は、血栓症のリスクを大幅に増やします。喫煙されている方は要注意です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

笑顔がもたらす3つの効果

皆さま、最近大きな声をあげて笑ったのはいつですか? 人の笑顔には様々な効果があると言われてます。 いつも笑顔…

普段から飲んでる「アイスコーヒー」。じつは水分補給には不十分?

これからの時期、熱中症や脱水症状対策に水分補給が大事になってきます。ところで普段から飲んでる「アイスコーヒー…

飲みすぎだけじゃなく、食べ過ぎも注意!急増している「脂肪肝」に注意!

肝臓に脂肪がたまった状態の「脂肪肝」は、今や日本人の4人に1人が患っているそうです。お酒を飲まない人や若い女…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。