みなさんはラクロスというスポーツをご存知でしょうか?
私も名前だけ聞いた事はありましたが、
実際のルールまで知りませんでした。
たまに電車に乗ってると、先端が網状のスティックを持ってる大学生を見た事がありました。なんとなくラクロス部なんだろうな。
くらいの感覚で  

今回はそんなラクロスについて、少しですが紹介したいと思います。

ラクロスとは

ラクロスとは「クロス」と呼ばれる、先端にネットのついたスティックでボールを操り、相手ゴールを狙うことで得点を競う球技。

男子と女子ではルールが大きく異なり、女子ラクロスの華やかなイメージとは裏腹に、男子ラクロスはアメリカンフットボールやアイスホッケーを思わせる攻防の激しいスポーツです。

男子のルール

15分×4のクオーター(Q)制で、10対10で戦い、ゴム製のボールを「クロス」と呼ばれるスティックで奪い合い、相手ゴールに入れれば得点となる。ポジションはゴーリー(ゴールキーパー)1人、ディフェンダー3人、ミディー(ミッドフィルダー)3人、アタッカー3人と決められている。攻撃エリア内に6人以上、もしくは守備エリア内に7人以上の選手がいた場合はオフサイドとなり、相手ボールや得点無効、もしくは30秒間のマンダウン(一時退場)となる。1チーム16人まで交代選手を登録でき、試合展開によって随時、選手が入れ替わる。
試合の開始や再開の度に、フィールドのセンターで「フェイスオフ」を行う。攻撃有利のスポーツゆえにこのフェイスオフを制することが大切となるため、チームにはフェイスオフを鍛えたフェイスオファーと呼ばれる選手がいる。試合中、チームは1ハーフにつき2回のタイムアウトを要求できる。規定のプレー時間でも勝負がつかない場合、大会によっては「サドンビクトリー」と呼ばれる延長戦を行う。先に点を入れた方が勝利となり、勝者が決定するまで4分間のピリオドを繰り返す。

女子のルール

女子も男子と同じく15分×4のQ制で、10対10で戦い、規定時間内に勝敗がつかなかった場合、大会によってはサドンビクトリーと呼ばれる延長戦を行う。先に得点して勝者が決まるまで、4分間のピリオドを繰り返す。各チーム、通常の試合時間中に2度、延長戦時間中には1度、90秒のタイムアウトを取得できる。
女子も男子と同じく、ゴーリー、ディフェンダー、ミディー、アタッカーというポジジョンがあるが、特に各ポジションの人数は定められていない。攻撃エリア内に6人以上、もしくは守備エリア内に7人以上の選手がいた場合はオフサイドとなり、得点無効や相手ボールなどの対応となる。交代は男子同様、試合状況に応じて自由にできるが、女子の交代選手の登録は10人までとなっている。
女子の場合はゴーリー以外のクロスはどのポジションも同一規格となっている。またこのクロスには構造やポケットの深さなどに規定があり、違反した場合は相手ボールや得点無効となる。

その他

女子も男子と同じく15分×4のQ制で、10対10で戦い、規定時間内に勝敗がつかなかった場合、大会によってはサドンビクトリーと呼ばれる延長戦を行う。先に得点して勝者が決まるまで、4分間のピリオドを繰り返す。各チーム、通常の試合時間中に2度、延長戦時間中には1度、90秒のタイムアウトを取得できる。
女子も男子と同じく、ゴーリー、ディフェンダー、ミディー、アタッカーというポジジョンがあるが、特に各ポジションの人数は定められていない。攻撃エリア内に6人以上、もしくは守備エリア内に7人以上の選手がいた場合はオフサイドとなり、得点無効や相手ボールなどの対応となる。交代は男子同様、試合状況に応じて自由にできるが、女子の交代選手の登録は10人までとなっている。
女子の場合はゴーリー以外のクロスはどのポジションも同一規格となっている。またこのクロスには構造やポケットの深さなどに規定があり、違反した場合は相手ボールや得点無効となる。

関連するまとめ

ラム酒の定義とは?

ラム酒とはサトウキビの廃糖蜜又は搾り汁を原料として造られる蒸留酒で、原産地は西インド諸島と考えられています

柔道のルール気づいたら色々変わってた件

かつては「一本」「技あり」「有効」「効果」の4つの判定があった柔道。

三重県の地ビール③

地ビールの背景には、地域があり、人がいます。 小規模醸造ならではのこだわりと想いがあるから人を惹きつけますね…