季節の変わり目は「自律神経の乱れ」が体調不良の原因に

季節の変わり目の体調不良の原因の一つに“自律神経の乱れ”があります。季節の変わり目は外気の温度差を感じやすいです。カラダには体温調整機能が備わっていて、寒暖差から身を守る働きがあります。この体温調整機能の働きをつかさどるのが「自律神経」です。自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つあり、この2つがバランス良く働くことで体温調整機能や健康を維持できます。

しかし「自律神経」はデリケートで、季節の変わり目の寒暖差による刺激やストレスが影響で乱れてしまうことがあります。自律神経が乱れると肩こりやめまいといった体調不良を引き起こす原因につながります。季節の変わり目になると、肩こりや、めまいを感じやすいという方は、自律神経が乱れているのかもしれません。

「自律神経」の乱れによる体調不良は、ストレスを溜め込まないように心がけることが大切です。自分なりのストレス解消法を見つけておくことで、自律神経を整えやすくしましょう。

寒さや冷え、、、寒くなる季節は「胃の不調」に注意

まさに今、この時期は、寒さや冷えが体調不良の原因になるます。過ごしやすい秋から、冬の寒い季節にかけて、体調不良を引き起こす人は多いです。なかでも、この季節になると増えてくる不調のひとつが「胃の不調」です。

「胃の不調」の原因には様々ですが、その要因が「寒さ」や「冷え」といえます。冷えは体や胃に大きな負担を与えがちで、特に寒い時期は胃が冷えやすく、その負担から「胃もたれ」や「胃の痛み」などの不調を引き起こしやすい傾向があります。

また、季節の変わり目に「下痢」や「便秘」になりやすいという人は胃腸の働きが低下している可能性があります。冷えは「万病のもと」ともいえる健康の大敵。胃を冷やす冷たい食べものや飲みものは、季節とは関係なく日ごろから摂取しすぎないように注意しましょう。

「胃の不調」などの「冷え」が原因で起こる体調不良は体を冷やさないようにすることが大事です。季節の変わり目は油断せずに、腹巻きや使い捨てカイロを利用して胃を温めましょう。外出時にはストールやブランケットを持ち歩くことで、屋外と屋内の温度差を和らげましょう。

「頭痛」は低気圧は原因

季節の変わり目の体調不良の原因の一つに、梅雨の時期の「低気圧」が挙あります。季節によって天気や気温の変化があり、中でも梅雨の時期は特に「頭痛」が起こりやすいのです。それには梅雨の時期の「気圧」が大きく関係します。

梅雨の時期、雨が降ると「気圧」がぐっと下がります。気圧が下がると脳血管が膨張し神経を圧迫します。その結果、「頭痛」を引き起こす原因になります。また低気圧が影響で体の水分の循環が悪くなり、むくみが起きるケースもあります。

梅雨以外にも秋に台風が多く、「気圧」の変化による体調不良を引き起こしやすいです。低気圧による体の不調が起きやすい方は、特に梅雨と秋の季節の変わり目に注意しましょう!

「気圧」による体調不良は軽い運動を取り入れるのが良いそうです。ストレッチやヨガなどの軽い運動ででも継続することが大事です。運動をすることで血流が良くなり頭痛やむくみの解消にも役立ちます。

関連するまとめ

運動パフォーマンスを高めるクレアチン

運動パフォーマンスを向上させたいあなたへ。日常のトレーニングにちょっとした変化を加えて、より大きな成果を目指…

ワカメを摂取しましょう!含まれている栄養素を知っていますか?

ワカメや昆布、海苔などの海藻をほぼ毎日食べる人は、ほとんど食べない人に比べ、心筋梗塞などの虚血性心疾患を発症…

名前以上に恐ろしい!話題の「ゴースト血管」とは

血液がほとんど流れなくなり、やがて毛細血管が消えてしまうという症状が話題になっています。その症状の名は「ゴー…

関連するキーワード