みなさんの中でリーボックはどんなイメージですか?私はやっぱりスニーカーのイメージが強いです。周りがナイキやアディダスを履いてる中、リーボックのスニーカーを履いてた事を思い出します。今回はそんなリーボックの歴史について少しですが紹介したいと思います。

歴史

リーボック(Reebok)は、イギリス発祥のスポーツシューズブランドです。 1895年、イングランド中部のボルトンのボルトン プリムローズ ハリヤーズに所属していた陸上選手ジョセフ・ウィリアム・フォスター(Joseph William Foster)が、より速く走るために思いついたフォスター・デラックス・スパイクを制作したことをきっかけに、リーボックの前身であるJ・W・フォスター社を設立しました。 フォスターが制作した世界初のスパイクシューズは、地元のランナーの間で評判となり、彼のもとに靴の制作依頼が次々と舞い込んできたため、本格的な事業としてスポーツシューズ製造を行うことを決断します。 この靴はランニングパンプスと名付けられ、少しずつイギリスのアスリートの間で知られることとなり、パリオリンピックにてフォスター社の靴を履いた、ハロルド・エイブラハムスとエリック・リデルが金メダルを獲得したことで、一気に知名度が上がります。

Reebokに

1958年、ジョセフの孫のジョセフとジェフリーの二人が会社名をリーボック(Reebok)に変更します。Reebokとはサバンナに生息する足の速い動物のガゼルのことで、スポーツ選手に最高のパフォーマンスを発揮させることのできるぴったりな名前でした。 この頃になるとリーボックは、ランニング以外のサッカーなどにも進出して、総合スポーツシューズメーカーとしても知られるようになります。 1979年、リーボックはアメリカへ進出します。アウトドア用品を取り扱うディーラーのポール・ファイヤマンがリーボックに興味を示し、アメリカの販売権を獲得し、マーケット展開をスタートしました。彼との出会いによって、世界最大のマーケットで飛躍できるきっかけとなります。

2000年代

2000年代のリーボックはブランドとしての転換期を迎えます。NFL(the National Football League)との独占的パートナーシップ締結や、アディダス社への買収などを経て、体幹ランニング用のシューズタイカンや、美容向けシューズのイージートーンなどの新しい商品を発売し、事業を拡大していていくとともに、イージートーンのシューズを世界同時発売とイージートンアパレルも発売するなど、次々と新しいシューズの開発に乗り出します。

関連するまとめ

新ミューズに宇垣美里さんが就任! “涙の演技”に初挑戦!女の子の悩める日常を熱演!

美容脱毛サロン『ミュゼプラチナム』を運営する株式会社ミュゼプラチナムは、フリーアナウンサーの宇垣美里さんを新…

足がむくんでパンパン!それは体の異変のサインかも。

多くの人が経験したことがある、足のむくみ。特に女性や高齢者に多いといわれる症状です。 女性の「夕方になると…

いくつ知ってる?6月6日は〇〇の日!〜その①〜

2020年もついに半分の折り返し地点の6月です。 1年の中の半分となる6月。 何か色々な日がありそうです。