夏の水分補給、何飲む?

夏バテや熱中症対策には水分が必要と、水を飲んでいませんか?

ただ、水だけ飲んでいても、汗で失われた「ミネラル」を補給できず、疲労感や水中毒の原因になることもあるのです。また、ジュースや炭酸飲料、コーヒーや緑茶なども、実は夏の水分補給には不向きと言えます。そこで、夏バテ対策にピッタリの飲み物や、夏には避けるべき飲み物をご紹介します。

注意が必要なものも、、、

実は「水」なんですが、飲みすぎると胃液が薄まり、消化不良や胃もたれ、胃炎、むくみ、水太り、疲労感の原因になります。さらに血液が急激に薄まると、心臓や腎臓に負担がかかり、脳がむくんで「水中毒」になることもあるそうです。

また、「カフェイン入りの飲み物」は利尿作用が高く、夏場の水分補給には逆効果となってしまいます。主にコーヒー、紅茶、緑茶、コーラ、ココア、アルコール、栄養ドリンク、風邪薬などが挙げられますね。さらに「甘いジュースや炭酸飲料」も飲みすぎは、血液がドロドロになって血行が悪くなり、細胞に栄養や酸素が供給されなくなることで、疲労感が増したり、糖分過多で糖尿病のリスクがぐんと高くなるそうです。

オススメなのは、、、

暑い夏には、汗と一緒に出て行ってしまう「ミネラル」を補給することが重要なポイントで、このミネラルは水では補給できません。また、カフェインが含まれていると利尿作用で体外に出てしまうので、なるべく「ノンカフェイン」を良いですね。

「ミネラル」と「ノンカフェイン」の条件を満たす飲み物としては、麦茶、ドクダミ茶、はとむぎ茶、そば茶などがあげられます。

「スポーツドリンク」もおすすめですが、糖分の高いものも多いので、注意が必要です。良く選びましょう。

関連するまとめ

身体には大事な栄養素!「脂肪酸」の種類

「脂肪酸」をしっかり理解してますか?脂肪とつくだけで悪いイメージを持っているかもしれませんが、身体にとっては…