野球の「ホールド」とは

野球のホールドは、中継ぎのピッチャーに与えられる記録の1つです。ホールド(hold)には「保つ」という意味があり、中継ぎの「リードを保つ、試合展開を保つ」という役割から「ホールド」と定義されています。

野球のピッチャーには先発、中継ぎ、抑えとで役割が異なり、先発→勝利数、中継ぎ→ホールド数、抑え→セーブ数という項目でそれぞれ成績が評価されます。

つまり、ホールドとセーブとの違いは、中継ぎのピッチャーなのか抑えのピッチャーなのか、ということが大きなポイントになります。

ホールドの権利を得るための条件

ホールドの権利を得るために必ず満たさなければいけない条件があり、それが以下の4つになります。

①先発投手、勝利投手、敗戦投手のいずれにも該当せず、セーブも記録していない

②救援投手として登板し、試合終了まで投げていない

③アウトを1つ以上取っている

④降板後、自身に記録された失点によって同点になったり逆転されたりしていない

これら4つの条件は最低限満たしていないといけません。加えて試合状況によって他にも満たさなければならない条件があります。

自チームがリードしている時

①3点以内のリードで登板し、1回以上を投げてリードしたまま降板する。

②2者連続で本塁打を打たれたら同点もしくは逆転される場面で登板し、1/3回(1アウト)以上投げて、リードしたまま降板する。

この条件は、登板時に塁上にいるランナーの状況によって異なります。

・ランナー無し→ソロHR+ソロHR=2点差以内

・ランナーが1人→2ランHR+ソロHR=3点差以内

・ランナーが2人→3ランHR+ソロHR=4点差以内

・ランナー満塁→満塁HR+ソロHR=5点差以内

それぞれの状況で、1アウト以上投げてリードを守り切ればホールドの権利が得られます!

③点数差に関係なく、3回以上を投げてリードしたまま降板する。

同点の時

①同点のまま失点せずに降板する。

②登板中に自チームが勝ち越した時、そのリードを保ったまま降板する。

関連するまとめ

キューバ野球が強い理由

キューバでは野球は国民的なスポーツとして定められています。それはキューバ革命の父であるカストロが、若いころ野…

村田修一選手の移籍先は??

村田修一選手ってどんな選手?

4月26日プロ野球結果〜セリーグ〜

4月26日のプロ野球結果です。 広島カープが接戦を制した。ヤクルトスワローズが延長戦の末、勝利。阪神タイガー…

関連するキーワード