みなさんはメジャーで使われているオープナーとういう戦術をご存知でしょうか。
数年前のオープナーを使ったチームの活躍もあり、広まりましたね。
しかし、オープナー自体を知らない方も多いかと思いますので、
今回はオープナーについて少しですが、紹介したいと思います。

オープナー

オープナー戦術とは、本来中継ぎの投手が先発として起用され、1〜2回の短いイニングを投げたのちに本来の先発投手をロングリリーフとして継投する起用法のことです。2018年シーズンにレイズが初めて本格的に採用し、以降は他のチームにも広まりましたね。

レイズから始まった

2018年のレイズは、オフに投手、野手共に主力が抜けたことで、低迷が予想されていました。層が薄かった先発陣を支えるために考案されたのが、オープナー戦術。2018年5月19日に行われたロサンゼルス・エンゼルス戦で、クローザーを務めるセルジオ・ロモがメジャー11年目で初めてとなる先発で登場すると、三者連続三振で初回を抑える快投を見せました。2番手には本来の先発であるライアン・ヤーブローが登板し、8回1アウトまでに被安打4失点1に抑え、その後は3人の継投で逃げ切り、レイズが5-3で勝利しています。

驚くべきことにロモは、翌日の試合でも先発で登場し1.1回を投げて3つの三振を奪う活躍。その後は3人の継投を行なったレイズだが終盤に失点を重ねると、打線もエンゼルスを打ち崩すことができずに2-5で敗れました。しかしレイズはその後もこの戦術を継続しました。苦戦が予想されていたシーズンだったが、最終的には90勝72敗と大きく勝ち越しに成功。その他にも投手陣にケガが相次いだロサンゼルス・ドジャースやミネソタ・ツインズ、テキサス・レンジャーズなど様々なチームがオープナーを実践しました。

2019年に入ると、ニョーヨーク・ヤンキースをはじめ、より多くのチームがオープナーを採用しました。同年7月12日にはエンゼルスがオープナーによる継投からノーヒットノーランを達成。また、オープナーを継続したレイズも、6年ぶりにポストシーズン進出を果たすなど、新たな戦術が結果に結びついたシーズンとなりましたね。

関連するまとめ

広島カープの快進撃〜投手陣編〜

今シーズンの広島カープの投手陣についてまとめてみました。

岩永美月

ソフトボールをずっとやってきたので野球大好きです。
12球団のホーム球場制覇まで、残すは日ハムのみ。
日ハムの新球場完成したら観戦しに行って、12球団のホーム球場制覇してみせます!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポーツドリンク特集

スポーツドリンク特集