野球において打つ、投げる以外で目立つのは盗塁かもしれませんね。
周りから見たら簡単に見えそうな盗塁ですが、ピッチャーとの駆け引きもあるので簡単ではありませんね。
今回はそんな盗塁について少しですが、紹介したいと思います。

盗塁

盗塁とは、走者が他の要素によらないで、1個の塁を進んだときに記録されるものです。
オーソドックスなパターンだと、ピッチャーの投球時に走者が次の塁にスタートを切り、進塁します。
投球を捕ったキャッチャーが次の塁に送球し、アウトかセーフかを競います。送球より先にベースに到達すれば盗塁成功です。
盗塁を成功させるにはコツがいります。主にスタートが重要になっていますね。

スタートが大事

試合で盗塁を決めたい場合、重要になるのがスタートです。
スタートする際、腰の位置をなるべく上げずに低い姿勢のままスタートするという認識が一般的です。
しかし、実は少し腰を下げてからスタートすることで、地面との反発を起こし、それを、利用して勢いよくスタートが切れるのです。
スタートを良くするには相手投手のフォームを見ておくのも大事です。ピッチングフォームについては、ベンチでも確認できるので、盗塁の上手い選手はよく観察しています。
相手投手の観察と、ピッチャーのフォームを盗むことが盗塁スタートのコツと言えます。

目安のタイム

プロでは、クイックモーションで投げてキャッチャーのミットにおさまるまでの時間は平均で1.3秒。
キャッチャーが捕球してから、二塁まで送球する時間は平均2.0秒。合計すると3.3秒です。
つまり3.3秒以内で走れば、捕手が二塁に完璧な送球をしてもセーフになります。

関連するまとめ

三大槙原寛己

巨人先発三本柱のひとり。槙原寛己さんといえば想像する三大名シーンをご紹介します

歴史に残るプロ野球オールスターゲーム名場面5選

プロ野球の過去のオールスターゲームの名場面をまとめてみました。

岩永美月

ソフトボールをずっとやってきたので野球大好きです。
12球団のホーム球場制覇まで、残すは日ハムのみ。
日ハムの新球場完成したら観戦しに行って、12球団のホーム球場制覇してみせます!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポーツドリンク特集

スポーツドリンク特集