エアロビックとエアロビクスの違い

エアロビクスというのは、エアロビック・エクササイズのことで、80年代に、アメリカのケネス・クーパー博士によって開発された音楽に合わせたダンス形式の有酸素運動です。
健康のための運動は「エアロビクス」、スポーツとしては「エアロビック」ということのようです。

エアロビクスを始める際の注意点

①準備運動
普段あまり運動しないという方が、いきなりエアロビクスで身体を大きく動かすと、怪我をしてしまうこともあるためエアロビクスを行う前は、必ず準備運動を行うようにしましょう。
柔軟体操やストレッチで事前に身体をほぐしておくと、筋肉や関節にかかる負担を減らせるでしょう。準備運動により身体を温めることで、怪我を未然に防ぐだけでなく、エアロビクスの効果を高めることにもつながるそうです。また運土後のクールダウンも忘れずに。

②水分補給
エアロビクスは全身運動のため、大量に汗をかく可能性があり、脱水症状を予防するための水分補給が欠かせません。 水分補給を行わないでいると、脱水症状によって倦怠感や筋肉のこむら返り、吐き気などを引き起こすことがあります。そのため、エアロビクスの前後や最中など、こまめに水分を摂るようにしましょう。汗をかくことによって、ミネラルが失われます。そのため、水分補給としてミネラルウォーターやスポーツドリンクを飲むのがおすすめ。

③無理をしない
エアロビクスはプログラムによって難易度が異なり、難易度が高いものはハードな動きが求められます。しかし、初心者がハードなプログラムに挑戦してしまうと、慣れない動きをすることで怪我に繋がる可能性が高いでしょう。継続して運動するためにも、自分のペースに合うプログラムから始めることがオススメです。

効果

①ストレス解消
普段あまり運動しないという方にとって、リズムに乗って身体を動かすのは、良いリフレッシュとなるでしょう。最初のうちは、基本のステップや手の動きを覚えなければいけません。しかし、初心者向けのエアロビクスダンスであれば複雑な動きは少なく、覚えるのはそこまで難しくないそうです。

②美肌効果
有酸素運動を行うことで、女性に嬉しい美肌効果を得ることができます。
普段あまり汗をかかないと、毛穴機能が低下してしまい、皮脂・老廃物の排出がなされず、毛穴が黒ずむ原因に。運動により血流が良くなって、毛穴機能が活性化し、皮脂・老廃物がしっかり排出されるようになります。

③ダイエット効果
有酸素運動は、脂肪燃焼効果が高く、ダイエットには非常に効果的。痩せる効果も機体できます。その理由はエアロビクスダンスでは、酸素を取り入れながら手足を上下左右に動かすため、たくさんのエネルギーを消費することができるからです。

関連するまとめ

各スポーツシーンでよく流れるあの曲は?

あのスポーツシーン=あの曲という感じで、テレビでもよく使われ、イメージがつく曲をご紹介します。

世界最古の球技。スポールブールとは。

世界最古のスポーツ。スポールブールを知っていますか。ルールやそこから派生したスポーツなどを載せています。

『オージーボール』をご存知ですか?

ラグビーやクリケットに並んである国では国民的人気を誇るスポーツ『オージーボール』 今回はこちらのスポーツにつ…